「現役薬剤師発」学術情報

「一人の薬剤師の疑問はみんなの疑問かもしれない」

薬剤に関する疑問、患者さんに聞かれて疑問に思った事、それは皆さんが抱える疑問かもしれません。

現場からの生の学術情報を現役薬剤師達が発信!!

新着記事

2017年6月23日(金)
テトラサイクリン系抗生物質一覧・作用機序・服薬指導のポイント

静菌性のテトラサイクリン系抗菌薬は抗菌スペクトルは広いですが、問題となるのが耐性菌です。 特に耐性の少ないドキシサイクリン(商品名:ビブラマイシン)やミノサイクリン(商品名:ミノマイシン)は日本皮膚科学会にてざ瘡(ニキビ)への推奨度が高いことからも、皮膚科領域で処方される頻度の高い薬剤です。 テトラサイクリン系の抗菌薬と作用機序、特徴、服薬指導でのポイントをまとめました。 テ…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 抗菌薬

2017年6月16日(金)
痛風発作時に使用できない市販薬と対処法

こんにちは。 メディカルライターのリナです。 ドラッグストアで働いていると、駆け込み寺のようにお客さんが色々なご相談に来られます。 風邪はもちろん、蜂に刺された、怪我をした、湿疹が出た等々。 病院が休診であったり、忙しくて受診する時間の取れない会社員の方にとって、ドラッグストアで働く薬剤師は最も身近な医療従事者です。 今回は改めてそういった「薬剤師の社会的な…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 痛風・高尿酸血症治療剤

2017年6月15日(木)
インチュニブ(グアンファシン)作用機序・服薬指導の要点

注意欠陥/多動性障害(AD/HD)はAttention-Deficit/Hyperactivity Disorderの略で、7歳未満に発症する発達障害の一つです。 不注意、多動性、衝動性の3つが主症状となります。 主症状 具体的症状 不注意 忘れ物をする 約束を忘れる すぐに気が散る 多動性 じっとできない 静かにできない 落ち着きがない 衝動性 …続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 神経に作用する薬剤

2017年6月12日(月)
抗真菌薬(水虫治療薬)一覧・作用機序の違い

白癬やカンジダ症に処方される抗真菌薬の外用薬はいくつか系統がありますが、 共通した作用機序は真菌細胞膜の構成成分である「エルゴステロール生合成の阻害」です。 大まかに作用機序は同じですが、抗真菌薬の系統によってエルゴステロールの生合成阻害に対するアプローチに違いがあります。 エルゴステロールの合成経路と、抗真菌薬がエルゴステロール合成経路のどこを阻害するのか? 抗真菌薬…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 抗真菌薬

2017年5月31日(水)
梅雨と気管支喘息【食事・生活の対策・服薬指導でのアドバイス】

こんにちは。 ライター薬剤師のリナです 。 梅雨時期は色々な体調不良を見かけますが、今回は喘息について書かせていただこうと思います。   現場で活躍する薬剤師のために、喘息患者さんへの服薬指導に役立つ情報になれば幸いです。 梅雨時期の体調不良の原因「湿邪」 梅雨のシーズンになると、気圧の影響もあって天気の悪い日は喘息患者さんにとって辛い時期になるようです。 …続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 気管支拡張薬・気管支喘息治療薬

2017年5月29日(月)
利尿薬一覧・作用機序(サイアザイド・ループ・カリウム保持・バソプレシン拮抗)

利尿薬は下記のように分類されます。 サイアザイド利尿薬 サイアザイド類似利尿薬 ループ利尿薬 カリウム保持性利尿薬 バソプレシン拮抗薬 炭酸脱水酵素阻害薬 薬局で主に扱う利尿剤について作用機序や特徴についてまとめました。 利尿剤一覧(サイアザイド・ループ・カリウム保持性・バソプレシン拮抗) 利尿薬の作用機序はざっくりいえば全て同じで、腎臓の尿細管でNaや水分の再吸収を…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 利尿薬

2017年5月27日(土)
ルセオグリフロジン(ルセフィ)作用機序・服薬指導の要点

2型糖尿病治療薬で尿中から糖を排泄させるSGLT2阻害薬。 SGLT2阻害薬であるルセオグリフロジン(商品名:ルセフィ)について作用機序や特徴、服薬指導時の要点をピックアップしました。 ルセオグリフロジン(ルセフィ)の作用機序・作用部位   SGLT2とは? 血中のグルコースは血液循環し腎臓の糸球体でろ過された後、腎臓の近位尿細管で再吸収されます。 その再吸収の役割を…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 糖尿病治療薬

2017年5月19日(金)
カルシウム受容体作動薬一覧・作用機序(レグパラ・パーサビブ)

腎臓の機能が低下し、低カルシウム血症、高リン血症が続くと副甲状腺ホルモン(PTH)の分泌が亢進し、二次性副甲状腺機能亢進症(Secondary Hyperparathyroidism :SHPT)となってしまいます。 副甲状腺ホルモン(パラトルモン)とは? 副甲状腺は甲状腺の左右両葉の裏側の上下に2コずつ、計4つある米粒大くらいの臓器です。 副甲状腺から分泌されるPTH(パラトルモ…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 腎臓疾患・透析治療薬

2017年5月15日(月)
透析による皮膚の痒み治療薬・ナルフラフィン(レミッチ・ノピコール)作用機序

血液透析患者さんの7割近くの方が皮膚の痒みに悩まされているといわれます。 血液透析患者さんの皮膚の痒みは乾燥などによる末梢性の痒みと、中枢性の痒みに分類されます。 中枢性の痒みについてはオピオイド受容体が関与していると考えられています。 透析患者さんの中枢性の皮膚の痒みに処方されるのが、ナルフラフィン(商品名:レミッチ・ノピコール)です。 血液透析・中枢性の痒み治療…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 腎臓疾患・透析治療薬

2017年5月11日(木)
「飲む日焼け止め」の安全性にアプローチする

こんにちは。 健康食品を担当しているエビデンスエージェントの工藤知也です。 「飲む日焼け止め」と検索すると、50万件以上ヒットします。 インスタグラムを中心とした広告展開で、 「飲む」という手軽さが受け、想像以上に流行しているようです。 まさに紫外線が強いこの季節、 来局する患者さんの中にも使っている方がいるかもしれません。 無論、パッケ…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 健康食品

  • 採用祝い金を申請する
  • 薬剤師採用担当者様への求人掲載案内
  • 薬剤師専門サイトのファーマシスタ運営会社 代表メッセージ
  • ハイクラス薬剤師求人紹介サービス
  • 薬剤師キャリア支援に申し込む
  • MRの方は必読のMRファーマシスト
  • 不動在庫売却・流動在庫取引・ジェネリック医薬品販売/配送・薬局サーチ登録の「Medicine price system」


お客様により安全にご利用いただけるように、求人応募の入力画面など個人情報を入力する画面では、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る