「現役薬剤師発」学術情報

「一人の薬剤師の疑問はみんなの疑問かもしれない」

薬剤に関する疑問、患者さんに聞かれて疑問に思った事、それは皆さんが抱える疑問かもしれません。

現場からの生の学術情報を現役薬剤師達が発信!!

2019年1月23日(水)
ビスホスホネート系薬剤が飲みづらい患者への処方提案事例

こんにちは。 メディカルライターの今井です。 骨粗鬆症治療薬について、服薬管理をしている施設職員の方から相談があったのでその症例をご紹介します。 2週間に1回、門前クリニックから訪問診療をされているグループホーム在住の90代女性。 先日、骨粗鬆症治療のため、ボノテオ錠50mg(一般名:ミノドロン酸水和物)を4週に1回投与開始しました。 数日後、施設職員から電話があり 施設職員 多めの…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 骨粗鬆症治療薬

2019年1月21日(月)
CYP2C19とその遺伝子多型について

【1】シトクロムP450について 患者一人一人の体質にあわせた治療を目指すテーラーメイド医療の声を聴いてから久しいが、医療の現場では未だ十分に浸透しているとは思えない。 例えば、抗がん剤イリノテカンの副作用には、下痢、好中球減少、血小板減少などがあるが、患者のもつグルクロン酸抱合に関与するUGT1A1(UDP-グルクロン酸転移酵素1A1)遺伝子多型の情報がわかれば、この抗がん剤を用いる場合の副…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 薬物動態学

2019年1月16日(水)
透析患者へのオセルタミビル(タミフル)は単回投与(1日75mg)が推奨

Rp1 【一般名】オセルタミビルリン酸塩カプセル75mg(商品名:タミフル) 1日1回 朝食後 1日分 50代 女性にこのようなタミフルが1日分処方されている場合、薬剤師は患者さんにどのようなことを確認するでしょうか。 実際に私が処方箋を受け付けた事例で、私は迷わず 「処方日数が1日分の単回投与で間違いないか」 処方元に疑義照会をかけてしまいました。 処方元からは 「透析患者なの…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 抗ウイルス薬

2019年1月8日(火)
CKDにおける薬物治療について~高カリウム血症、尿毒症の治療~

こんにちは。 メディカルライターのサエです。 慢性腎臓病(CKD)の進行に伴い問題になってくる高カリウム血症治療と尿毒症治療について述べたいと思います。 慢性腎臓病(CKD)についてはこちらにまとめています。 慢性腎臓病(CKD)の定義・原因・治療について 高カリウム血症 高K血症について CKDが進行すると、腎機能低下によるカリウム(K)排泄の低下と代謝性アシドーシスにより、血清K…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 腎臓疾患・透析治療薬

2018年12月21日(金)
ドライアイ治療薬一覧(医療用点眼薬)・特徴と服薬指導のポイント

私は2018年に15年ぶりに眼科の門前薬局に配属となり気づいたことがありました。 それは、 「以前に比べてドライアイの患者さんが増えているなぁ」 ということです。 その背景には、 コンタクトレンズ、パソコン、スマホ、エアコンなどの普及があります。 日本眼科医学会のホームページを見ると、 40代以上の17.5%、オフィスワーカー対象の調査では60%がドライアイ症状あり、またはその疑いが…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 眼科用薬

2018年12月18日(火)
NSAIDsによる血圧上昇のメカニズムと症例

こんにちは、ライターのヒロです。 今や、病院で処方される以外に市販薬としても使用頻度の高いNSAIDs(Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)について取り上げようと思います。 NSAIDsは関節痛や腰痛などの整形外科領域の疾患や、心筋梗塞、脳梗塞などの心血管系疾患に使われるため、多くの高齢者が使用している薬です。 なんで今更?薬剤師ならだれでも知っている…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 解熱・鎮痛剤

2018年12月5日(水)
授乳中の患者さんへの服薬指導の失敗例

妊婦・授乳婦への薬物治療、服薬指導はとてもナーバスな問題です。 授乳中なのですが、母乳をあげても大丈夫でしょうか?   妊娠しています。この薬は赤ちゃんに影響ありますか? と服薬指導中に聞かれてドキッとしたことがある方もいるのではないでしょうか。 授乳婦に薬が処方された場合の対応としては、 断乳 薬を服用しながら授乳継続 薬を服用している期間は母乳をお休みし、人工ミルクで対応…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 妊娠・授乳中の薬

2018年11月29日(木)
薬剤師が糖尿病療養指導士として求められていること

こんにちは。 薬剤師のショウです。 日本では糖尿病有病者、予備軍共に1000万人と推定されており、今後も増加する事が予想されます。 薬剤師としてどのように糖尿病治療に携わっていくか考えている人は記事を参考にしてみて下さい。 糖尿病療養指導士(CDE)とは 薬剤師として専門性を模索していく中、糖尿病分野で目指す資格となるのは糖尿病療養指導士(Certified Diabetes Educa…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 内分泌/代謝

2018年11月26日(月)
抗インフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」の安全性ついて

皆さんこんにちは。 メディカルライターの今井雄基です。 はじめに個人的なことですが、2018年7月に第2子が生まれ3ヶ月ほど育児休暇を頂いておりましたので、その間ライター業務もお休みをしていました。 これからまた少しでも皆さんの役に立つような記事を書いていきたいと思っていますのでどうぞよろしくお願い致します。 今回は以前記事にした抗インフルエンザ薬のゾフルーザ(バロキサビル マルボキシル)…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 抗ウイルス薬

2018年11月21日(水)
CKDにおける薬物治療について~骨・ミネラル代謝異常の治療~

こんにちは。 メディカルライターのサエです。 慢性腎臓病(CKD)における骨・ミネラル代謝異常についてお話します。 CKDにおける骨・ミネラル代謝異常とは? 腎臓は骨・ミネラル代謝調節に大きく関わっています。 CKDの進行により起こる骨・ミネラル代謝異常を総じてCKD-mineral and bone disorder (CKD-MBD)と言います。 CKD-MBDで最も多いのが二次性…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 腎臓疾患・透析治療薬


お客様により安全にご利用いただけるように、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る