その他 | 「現役薬剤師発」学術情報

2019年4月19日(金)
薬学部へ最小限の費用で行かせる方法

2006年に薬学部が6年制となって10年以上が過ぎました。 2019年時点で薬学部数は私立57校、国立14校、公立4校の合計75校と全国に多くの大学があります。 私も6年制薬学部を卒業し薬剤師となりました。 これから自分のお子さんを薬学部に行かせるとなった時に、 特に頭を悩ませるのが「お金の問題」ではないでしょうか。 薬学部へ最小限の費用で行かせるにはどのような方法があるのか、考えてみた…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > その他

2018年10月8日(月)
高齢者に対して特に慎重な投与を要する薬物のリスト

チェーン薬局勤務のシンです。 今回は、高齢者に対して特に慎重な投与を要する薬物リスト(以下、本リスト)(1)について解説します。 まず始めにお伝えしますが、本リストは、週刊現代などの飲み続けると危ない薬リストとは、全くの別物です。 週刊現代のリストは、単に、売れている薬をターゲットとし、ベネフィットを無視してリスクのみを強調したものです。 リスク・ベネフィットの客観的な評価が行われておりま…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > その他

2018年6月17日(日)
情報伝達の大切さ~サイレース錠の錠剤変更・薬歴記載の事例~

こんにちは。 薬剤師ライターのJです。 少し特殊な条件下で起きたクレームの話を書きたいと思います。 今回の話のような事態になることはあまりないとは思いますが、この記事を見ていただいた方に情報伝達の大切さが伝わっていただければと思います。 ある日のことです、患者さんからクレームの電話がかかってきました。 いつもの薬と違う、いったいどうなっているんだ! 患者さんはかなり怒っているようでした…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > その他

2018年6月14日(木)
処方箋受付時に処方医の登録等の確認が必要な薬剤一覧

こんにちは。 薬剤師ライターのまいです。 処方箋受付時に処方医の登録等確認が必要な薬剤についてまとめてみました。 処方医の登録などの確認が必要な「麻薬」 デュロテップMTパッチ、ワンデュロパッチ、フェントステープは慢性疼痛への処方の場合、調剤前の確認が必要になります。 (癌性疼痛への処方の場合は不要となります) 商品名 メーカー名 事前の薬局・薬剤師の登録・研修 調剤前の確認事項…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > その他

2016年7月26日(火)
その薬、処方カスケードになってませんか?~ポリファーマシー問題~

こんにちは、メディカルライターの杉本進悟です。ボルダリングはだいたい2~3級くらいです。今回は続・ポリファーマシ―問題として、処方カスケードについて取り上げようと思います。処方カスケードとは処方カスケードとは「薬の副作用や副次的効果を治療するために新たな処方が繰り返されて薬の数がだんだんと増えてしまうこと」をいいます。 カスケードという言葉自体あまりなじみがないかもしれませんが、もともとは小さな滝…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > その他

2016年7月12日(火)
ポリファーマシーとは?薬剤師ができることを考えてみた

こんにちは、メディカルライターの杉本進悟です。 好きな食べ物はハンバーグと鯖の塩焼きです。 今回はポリファーマシ―の解決方法についてお伝えできればと思います。 最近ではポリファーマシーという言葉もすっかり有名になりましたね。ポリファーマシ―とは多剤併用のこと ポリファーマシーとは一言でいうと「多剤併用」のことです。 大体5~9種類以上を指していうようですが、肌感覚としては6種類を超えたあた…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > その他

2014年8月15日(金)
フェロミアでなぜ歯の着色が起こるの?対処法は??

フェロミアを服用すると歯が黒色や茶褐色に変色する可能性がある事は有名な話ですが、 この症状はフェロミアに限った事でなくすべての鉄剤に可能性のある事です。 フェロミア(クエン酸第一鉄ナトリウム)で歯が着色する理由・メカニズム ではなぜ鉄剤を摂取すると歯の着色が生じるのでしょうか?? 唾液の糖蛋白由来で歯の表面に形成されている被膜とプラークに鉄イオンとタンニン酸等が結合した結果、黒色や茶褐色などの…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > その他


お客様により安全にご利用いただけるように、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る