「ホスピタリティ力を高める」接遇講座

『医療もサービス業』接遇力を高めるために役立つ情報を発信!!

2019年1月22日(火)
患者さんとのコミュニケーションは最初と最後が大事

患者さんに服薬指導をする際に どのようなことを心がけていらっしゃるでしょうか? 「併用薬や副作用の確認を確実に行う」 「処方されている薬をわかりやすく説明する」 等々。 そのために日々勉強に励み 「もっとスキルアップしたい!」 という向上心のある薬剤師さんはたくさんいらっしゃるでしょう。 では、“薬剤師としてのスキル”とは 具体的にはどんなものがあるでしょう。 薬の知識、調剤の…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師キャリアアップ情報 > 「ホスピタリティ力を高める」接遇講座

2018年6月26日(火)
小児の処方箋を受け付ける際に心がけること

こんにちは。 薬剤師ライターのJです。 今回の記事は子供が生まれる前に、 小児がよく来局する耳鼻科の門前薬局や小児科の門前薬局で働いていた時に感じていたことと、 現在子供の親として薬局に来局した際に思うことのギャップについて書きたいと思います。 私は子供が生まれる以前と以後で大きく考え方が変わったという実感があります。 そして昔の自分にアドバイスできるならしたいと思っています。 もし…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師キャリアアップ情報 > 「ホスピタリティ力を高める」接遇講座

2018年6月12日(火)
患者さんに感謝される服薬指導とは?

こんにちは。 薬剤師ライターのJです。 私自身の経験を基にした「患者さんに感謝される服薬指導」について書きたいと思います。 「薬剤師のやりがいは?」 と聞かれた時に 「患者さんから感謝されること」と答える薬剤師は多いのではないでしょうか。 私自身も患者さんから感謝されることはとてもうれしく思いますし、やりがいに感じます。 では具体的に「どうすれば患者さんに感謝される服薬指導ができるの…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師キャリアアップ情報 > 「ホスピタリティ力を高める」接遇講座

2015年9月6日(日)
薬剤師のための異業種に学ぶホスピタリティ-喫茶店編

こんにちは。 ファーマシスタ編集長の伊川勇樹です。 「ホスピタリティ力を高める接遇講座」では、ホスピタリティを感じた体験を記事にすることで、薬局運営に少しでも活かせるヒントになればと思いコーナーを設けています。少しずつ、更新してまいりますので宜しくお願いします。 先日、仙台出張の際、休憩にふらっと立ち寄った喫茶店でのこと。 僕はよく喫茶店で事務作業をしたり、…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師キャリアアップ情報 > 「ホスピタリティ力を高める」接遇講座

2015年2月1日(日)
2カ月越しの謝罪に心を打たれる「薬剤師のための飲食店に学ぶホスピタリティ」

2カ月越しの謝罪に心を打たれたお話。 薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」編集長の伊川勇樹です。 この「薬剤師のための接遇講座」では 「異業種で心を打たれた事例」 「すごいホスピタリティに出会った事例」 などを紹介することで、薬局の接遇に活かしていただきたいと思い、定期的に配信をしています。 今回も僕自身が最近体験した「心がほっこりしたお話」をご紹介した…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師キャリアアップ情報 > 「ホスピタリティ力を高める」接遇講座

2014年11月7日(金)
もし薬剤師が飲食店から接遇を学んだら【薬剤師のための接遇講座】

周りのミスは自分には関係がない 少しでもそう思った経験はないでしょうか。 いつも利用する定食屋さんにて。 僕はいつものように「肉じゃが定食」を注文しました。 その日はお腹がへっていたのか、食事をすることに夢中になり一気にペロりと食べ終わりました。 食べ終わってお水を飲もうとしたのですが、お水が出ていないことに気づきました。 「お水をいただけますでしょうか?」 少し丁寧な口調で、近くに…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師キャリアアップ情報 > 「ホスピタリティ力を高める」接遇講座

2014年3月12日(水)
もし薬剤師が町のクリーニング屋さんからホスピタリティを学んだら?

画一的でなく、個々に合わせた対応にホスピタリティを感じる 私の自宅の近所にはある2つのクリーニング屋さんがあります。 一つは大手チェーンのクリーニング屋さん。 そしてもう一つはおばちゃんが一人で切り盛りされている地域密着のクリーニング屋さん。 二つとも自宅から同じくらいの距離なのですが、安い、速い、そんなイメージからずっと大手チェーンのクリーニング屋さんを利用して…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師キャリアアップ情報 > 「ホスピタリティ力を高める」接遇講座

2013年11月13日(水)
薬局での認知症患者さまへの「接遇」を考えてみましょう!

軽度の認知症患者さまであれば本人が、または中高度でも家族の連れ添いのもとで薬局に来られるケースも多くあると思います。 薬局内にて薬剤師だけでなく調剤事務員を含め、認知症患者さまへの『接遇』を考えてみましょう。①処方せん受付においてのポイント 認知症の疾患特徴を全員理解する受付時の認知症患者さんの特徴 ・処方せん、保険証の提示を頻回に忘れる ・同じことを何度も言ったり、聞いたりする ・髪や服装…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師キャリアアップ情報 > 「ホスピタリティ力を高める」接遇講座

2013年10月18日(金)
【薬剤師のための】美容院に学ぶホスピタリティ

【顧客満足は従業員満足なしでは生み出す事はできない】 先日、10年お世話になる、京都の美容室の25周年パーティに招待いただきました。 お客さん、取引先の方々を交えて総勢440名の華やかなパーティが京都ホテルオークラで行われました。 私が、10年間もこの美容室に魅了され続けるのは、 技術は勿論ですが、 いつ行っても従業員の皆さんが変わらず温かく迎えてくれること。 そして、いつ行っても従業…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師キャリアアップ情報 > 「ホスピタリティ力を高める」接遇講座

2013年9月25日(水)
接客と接遇の違いは??【薬局ではおもてなしの心が大切】

【接客と接遇】 接客という言葉は普段よく耳にする言葉だと思いますが、接遇とは果たしてどういう意味なのでしょうか? 接客とは、漢字の通り、「お客様と接すること」です。 一方、接遇には「遇する」という言葉が入っていますよね?? では「遇する」とはどういう意味なのでしょうか。 遇する=「人をもてなす」 すなわち、接遇とは、おもてなしの心を持って、相手に喜んでもらいたいと思う心で応対することな…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師キャリアアップ情報 > 「ホスピタリティ力を高める」接遇講座


お客様により安全にご利用いただけるように、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る