ジェネリック医薬品 | 「現役薬剤師発」学術情報

病院、薬局、製薬会社の現役薬剤師が執筆、編集、監修するジェネリック医薬品(後発医薬品)情報

2018年11月13日(火)
ジェネリック医薬品の採用基準

皆さんの薬局や病院では、どのようにジェネリック医薬品の採用を決めていますか。 薬価が安い 流通が安定している フレーバーが付いている  など 様々な理由から採用を決めていると思います。 私がジェネリック医薬品の採用を決めるときに注意していることをお話しします。 製品名 「有効成分の一般名+剤形+含量+会社名」の製品を選ぶようにしています。 ブランド名がつけられたジェネリック…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > ジェネリック医薬品

2018年11月6日(火)
ジェネリック医薬品の開発から見る新薬との違いとは?

ひとつの新薬を開発するには十数年もの年月がかかると言われていますが、ジェネリック医薬品(以下:ジェネリック)は有効成分を開発する必要がないため、かかる開発期間が新薬に比べて圧倒的に短くなります。 そのためジェネリックは、新薬よりもかなり安価に薬を販売することができるわけです。 薬局では患者さんからこのような質問を受けるケースもあるのではないでしょうか。 患者さん 後発医薬品と先発医薬品は値…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > ジェネリック医薬品

2017年10月1日(日)
後発医薬品(ジェネリック)の薬価算定方法・薬価の決まり方

2017年1月~3月の後発医薬品の使用率は67.1%となっています。 骨太の方針において後発医薬品使用率を2017年(平成29年)なかばに70%以上とするとともに、2018年度(平成30年度)から2020年度(平成32年度)末までの間のなるべく早い時期に80%以上とするという目標値を掲げていることもあり、今後更なる後発医薬品の使用促進が進むと考えられます。 後発医薬品の採用基準…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > ジェネリック医薬品

2017年8月15日(火)
「違いがわかる」ドネペジル塩酸塩OD錠後発医薬品一覧・メーカー間比較

2017年7月現在、ドネペジル錠は26社のメーカーの後発医薬品が薬価収載されています。 後発医薬品を選ぶ際に価格以外でどのような視点を重視すればよいのでしょうか? ドネペジル塩酸塩OD錠は適応がアルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制※であり、服用する患者は認知症を患っている場合がほとんどだと思われます。 服用するであろう患者背景を踏まえ、下記の代表的なジェ…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > ジェネリック医薬品

2017年7月13日(木)
「違いがわかる」カンデサルタン後発医薬品一覧・メーカー間比較

2017年7月現在、カンデサルタン錠は34社のメーカーの後発品が薬価収載されています。 後発品を選ぶ際に価格以外でどのような視点を重視すればよいのでしょうか? カンデサルタン錠8mgの代表的なメーカーについて特徴を比べてみたいとおもいます。 カンデサルタン後発品比較 ブロプレスの代表的なジェネリック医薬品について、 特徴や違いを表にまとめました。 カンデサルタン…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > ジェネリック医薬品

2015年5月7日(木)
ジェネリック配合剤の統一名称について

■ユニシア配合錠(カムシア配合錠) ユニシア配合錠カンデサルタンシレキセチル+アムロジピン=カムシア(ジェネリック統一名称)■ミカムロ配合錠(テラムロ配合錠)ミカムロ配合錠テルミサルタンとアムロジピンベシル酸塩=テラムロ(ジェネリック統一名称)■ミコンビ配合錠(テルチア配合錠)ミコンビ配合錠テルミサルタン+ヒドロクロロチアジド=テルチア(ジェネリック統一名称) …続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > ジェネリック医薬品

2013年10月16日(水)
オーソライズドジェネリック(AG)とは??ジェネリックとの違い

【オーソライズドジェネリック】 日本において、アレグラの「オーソライズドジェネリック」フェキソフェナジン塩酸塩錠(SANIK)を日医工が独占販売することをサノフィ社と合意した事で注目を集めました。オーソライズドジェネリックとジェネリックの違い では、「オーソライズドジェネリック」とは他のジェネリックとはどう違うのでしょうか? オーソライズ【authorize】:[名]正当と認めること。公認…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > ジェネリック医薬品


お客様により安全にご利用いただけるように、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る