パーキンソン病治療薬 | 「現役薬剤師発」学術情報

病院、薬局、製薬会社の現役薬剤師が執筆、編集、監修するパーキンソン病治療薬(レボドパ製剤、ドパミンアゴニスト、抗コリン薬)

2017年9月4日(月)
ドパミンアゴニスト一覧・作用機序【パーキンソン病治療薬】

パーキンソン病は下記の4つの症状を特徴とします。 振戦 筋固縮 無動 姿勢反射障害 パーキンソン病は黒質メラニン含有神経細胞の変性が原因で線条体のドパミンが減ることから、ドパミンの前駆物質であるレボドパ製剤か、ドパミン伝達系を刺激するドパミン受容体刺激薬が治療の中心となります。 パーキンソン病治療薬の分類 レボドパ製剤 ドパミンアゴニスト MAO-B阻害薬 脳…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > パーキンソン病治療薬

2017年8月16日(水)
レボドパ製剤一覧・作用機序・服薬指導のポイント

パーキンソン病は下記の4つの症状を特徴とします。 振戦 筋固縮 無動 姿勢反射障害 パーキンソン病は黒質メラニン含有神経細胞の変性が原因で線条体のドパミンが減ることから、ドパミンの前駆物質であるレボドパ製剤か、ドパミン伝達系を刺激するドパミン受容体刺激薬が治療の中心となります。 パーキンソン病治療薬の分類 レボドパ製剤 ドパミンアゴニスト MAO-B阻害薬…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > パーキンソン病治療薬

2017年8月10日(木)
レストレスレッグス症候群治療薬一覧・作用機序

むずむず脚症候群は「そわそわした」という意味のRestlessからレストレスレッグス症候群(Restless Legs Syndrome:RLS)と名付けられています。 RSLでは下記の4つの特徴的な自覚症状があります。 脚に不快な感覚が起こり動かしたくなる 安静にすると症状が強くなる 脚を動かすと症状が軽くなる 夕方〜夜にかけて症状が強くなる RLSは原因が明らかでない特発性…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > パーキンソン病治療薬

2014年9月2日(火)
「アデノシン」の作用を弱めるノウリアスト(イストラデフィリン)作用機序

2013年5月に協和発酵キリン株式会社から新しい作用機序のパーキンソン病治療薬が薬価収載されました。 2014年6月に長期処方が解禁になったため、これから処方されるケースも増えてくるかと思いますので、簡単に作用機序を説明していきたいと思います。 正常な方では、大脳基底核回路のGABA神経系に対して抑制性のあるドパミンと興奮性のあるアデノシンにとって神経細胞はバランスがとられています。 …続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > パーキンソン病治療薬


お客様により安全にご利用いただけるように、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る