ワクチン(予防接種用薬) | 「現役薬剤師発」学術情報

病院、薬局、製薬会社の現役薬剤師が執筆、編集、監修する予防接種・ワクチン情報

2018年8月21日(火)
子宮頸がんワクチン(サーバリックス・ガーダシル)について薬剤師に知ってほしいこと

患者さん 子宮頸がんワクチンを受けていれば大丈夫だったのでしょうか 私が病棟で患者さんに聞かれたことです。 当時、私は産婦人科病棟に勤務する薬剤師で、子宮頸がんの患者さんに、CCRT療法(同時化学放射線療法)の説明を行っているときでした。 薬剤師の皆さんは、「子宮頸がんワクチン」と聞いてどのような印象を受けるでしょうか。 一時期、子宮頸がんワクチン接種後に疼痛や運動障害が報告され話題にな…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > ワクチン(予防接種用薬)

2018年6月23日(土)
ロタリックス・ロタテック(ロタウイルスワクチン)の違い・比較

冬から春にかけて胃腸炎の原因となるのがロタウイルスです。 ロタウイルスは感染力が強く、重症化や合併症である脳炎・脳症を防ぐためにも生後2ヶ月からワクチン接種が任意で行われています。 ロタウイルスのワクチンは ロタリックス(1価ワクチン 2回接種) ロタテック(5価ワクチン 3回接種) の2種類が存在します。 小児科ではどちらか一方か、または両方を取り扱うケースがあり、 親御さんか…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > ワクチン(予防接種用薬)

2018年4月4日(水)
風疹・麻疹の症状・違い・ワクチンについて

ワクチンの定期接種により日本における風疹・麻疹(はしか)患者は減少傾向にありますが、海外旅行者によって麻疹や風疹などのウイルスが持ち込まれ、感染が拡大するケースが問題となっています。 沖縄県でも2018年に台湾からの海外旅行者が麻疹に感染していたことで、沖縄在住の日本人にも感染が報告されています。 特に予防接種を受けていない乳幼児の親御さんや、予防接種を受けたかどうか分からない成人から薬局でも…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > ワクチン(予防接種用薬)

2013年12月3日(火)
妊娠中・妊婦へのインフルエンザワクチン予防接種は可能??

インフルエンザのシーズン前になると、薬局でもインフルエンザの予防接種の相談を受ける機会があるかと思います。その質問の中で、「妊娠中にインフルエンザワクチンは接種できるの?」と聞かれることもあるのではないでしょうか。日本産婦人科学会が妊婦のインフルエンザワクチンの接種について見解を示しておりますので、質問を受けた際の参考になればと思います。Q:妊婦へインフルエンザワクチンの予防接種は安全か? A:…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > ワクチン(予防接種用薬)

2013年11月8日(金)
インフルエンザの予防接種はいつまで効果持続する?タイミングは?

「インフルエンザの予防接種の効果はいつまであるの?」 インフルエンザのシーズンになるころに薬局でも質問を受けることがあるのではないでしょうか? インフルエンザの予防接種について、効果がどれくらい持続するのか?また摂取するタイミングについて考えてみたいと思います。厚生労働省では10月~12月ころインフルエンザの予防接種を推奨 厚生労働省のガイドラインを見るとワクチンが十分な効果を維持する期間は接種…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > ワクチン(予防接種用薬)


お客様により安全にご利用いただけるように、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る