中毒治療薬 | 「現役薬剤師発」学術情報

病院、薬局、製薬会社の現役薬剤師が執筆、編集、監修するアルコール依存症など中毒治療薬

2019年2月14日(木)
アルコール依存症治療薬一覧・作用機序の違い・服薬指導の注意点

アルコール依存症治療薬は大きく下記の3つに分類されます。 抗酒薬(嫌酒薬) 断酒補助薬 飲酒量低減薬 アルコール依存症の治療目標は原則、断酒の達成と継続ですが、アルコール依存症の患者にとって断酒が達成困難となり、治療を放棄されるケースも珍しくありません。 日本では2019年に断酒ではなく、飲酒量の低減を目標とした治療薬セリンクロ錠(一般名:ナルメフェン塩酸塩水和物)の製造販売承認を…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 中毒治療薬


お客様により安全にご利用いただけるように、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る