麻薬・類似薬 | 「現役薬剤師発」学術情報

病院、薬局、製薬会社の現役薬剤師が執筆、編集、監修するオピオイド系鎮痛薬情報

2018年7月26日(木)
レペタン坐剤の14日投与制限・作用機序・特徴について

非麻薬性鎮痛剤のレペタン坐剤(一般名:ブプレノフィン塩酸塩)が処方された場合、 薬剤師は何に気をつける必要があるでしょうか? レペタン坐剤には投与日数が14日以内という制限があります。 他の内服タイプの向精神薬と異なり、坐薬の場合は投与制限を見落としてしまうことがあるかもしれません。 知っていないと日数オーバーをスルーしてしまう可能性がありますので、情報共有できればと思います。 レペタン…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 麻薬・類似薬


お客様により安全にご利用いただけるように、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る