「現役薬剤師発」学術情報

「一人の薬剤師の疑問はみんなの疑問かもしれない」

薬剤に関する疑問、患者さんに聞かれて疑問に思った事、それは皆さんが抱える疑問かもしれません。

現場からの生の学術情報を現役薬剤師達が発信!!

新着記事

2016年7月22日(金)
チャンピックス(バレニクリン)の服薬指導のポイント

チャンピックス

「今すぐ禁煙外来」のTVCM効果もあってか、禁煙外来を受診される方が増えてきています。 薬局でも服薬指導をする機会があるかと思いますが、アメリカの禁煙治療ガイドラインでは、薬剤師や看護師などの介入が、医師同様の禁煙効果があると指摘されています。 チャンピックスが処方された患者さんへ、服薬指導のポイントについてまとめてみました。チャンピックス(バレニクリン)の作用機序を説明する 特に初回は、どの…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 禁煙外来

2016年7月21日(木)
胃腸トラブルに漢方薬の使い分け「胃苓湯・半夏瀉心湯・六君子湯」~これだけは知っとけ~

漢方【胃腸薬】

こんにちは、薬剤師バーテンダーのスギです。 食事は大切ですよね。健康なら周期的にお腹が空き、その時には何を食べても美味しく感じるので不思議です。 なにも最高級のものでなくても、 「今日も1日3食美味しく食えた。ありがたや、ありがたや」 となります。 ある胃腸薬の宣伝文句に「食べる前に飲む!」というものがあります。まさにその通りで、私たちが健全な食生活を送るにあたっては、胃腸を良好なコンディシ…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 漢方

2016年7月20日(水)
経口補水液はナトリウムとぶどう糖に注目!

経口補水液

こんにちは。 エビデンスエージェントの工藤知也です。  水は、いつでも誰でも必要不可欠なモノに違いありませんね。 薬局には、そんな水を求めて多くの方がいらっしゃいます。特に、夏の薬局では「経口補水液」の需要が増えてきますね。 オーエスワン(OS-1、大塚製薬工場)が2001年に発売されて以来、経口補水液という言葉はすっかり定着しています。 今回は、経口補水液の理論について簡単におさらいし…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > OTC

2016年7月12日(火)
ポリファーマシーとは?薬剤師ができることを考えてみた

ポリファーマシー

こんにちは、メディカルライターの杉本進悟です。 好きな食べ物はハンバーグと鯖の塩焼きです。 今回はポリファーマシ―の解決方法についてお伝えできればと思います。 最近ではポリファーマシーという言葉もすっかり有名になりましたね。ポリファーマシ―とは多剤併用のこと ポリファーマシーとは一言でいうと「多剤併用」のことです。 大体5~9種類以上を指していうようですが、肌感覚としては6種類を超えたあた…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > その他

2016年7月5日(火)
葛根湯・銀翹散・柴胡桂枝湯の使い分け・風邪タイプ別漢方薬の提案~これだけは知っとけ!~

漢方【風邪薬】

こんにちは、薬剤師バーテンダーのスギです。 店頭で「いい風邪薬を下さい」と言われると、ついつい西洋薬中心の風邪薬をおすすめしてしまいがちです。しかし、薬の専門家である薬剤師としては漢方処方をおすすめする引き出しも持っておきたいものです。 そこで今回は風邪編とし、提案処方をご紹介したいと思います。風邪の原因 風邪の8~9割はウイルス感染により引き起こされます。 その原因となるウイルスは多岐に…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 漢方

2016年6月29日(水)
セルフメディケーション税制にむけて禁煙補助薬が熱い!!

禁煙補助剤

こんにちは。 メディカルライターの杉本進悟です。 2016年6月17日に厚生労働省からセルフメディケーション税制対象品目の公表がありました。 セルフメディケーション税制対象医薬品 品目一覧 セルフメディケーション税制とは? セルフメディケーション税制について、厚生労働省の資料を抜粋します。適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > OTC

2016年6月27日(月)
咳・喘息に効く漢方薬「これだけは知っとけ!タイプ別治療薬」

漢方【咳・喘息編】

こんにちは、薬剤師バーテンダーのスギです。 1回の咳による消費カロリーを知っていますか? そう、2kcalです。 一時、こんなことを考えたことがあります。 「仮に咳をずっとし続ければ、かなりの運動になり、日頃の運動不足も解消できるじゃん!ウヒヒ」と。 しかし、それは安直な考えで、咳が連続すると体力の消耗を招き、睡眠障害や食欲不振にもつながるので、避けた方がよさそうとのことでした。残念。さ…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 漢方

2016年6月24日(金)
添付文書改正にむけてPISCS(ピスクス)を意識しよう!

薬剤師発学術情報

こんにちは。 メディカルライターの杉本進悟です。 添付文書が20年振りの改正となりそうです。 そのため厚生労働省が記載要領改正案に係る意見の募集を行っています。添付文書の記載項目については以前から不備が指摘されていますが、パブリックコメントを募集し、より現場にあった見直しを検討しています。(2016年7月15日まで)添付文書の問題点個人的に感じていた、これまでの添付文書の問題点です。・記載箇…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 薬物動態学

2016年6月22日(水)
頭痛に効果のある漢方薬「これだけは知っとけ!タイプ別治療薬」

漢方【頭痛編】

こんにちは。薬剤師バーテンダーのスギです。市販の頭痛薬と言えば、バファリン、ロキソニンなどNSAIDsの類が圧倒的シェアを誇るのでしょうが、薬の専門家である薬剤師としては漢方処方をおすすめする引き出しも持っておきたいものです。 そこで今回は「頭痛に効く漢方薬」について、提案処方をご紹介したいと思います。 清陽の府(せいようのふ)という考え まず漢方における頭痛の考え方ですが、「清陽の府」というも…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 漢方

2016年6月15日(水)
「在宅を始める薬剤師必見」在宅医療でよく使う略語

在宅略語

在宅医療をする上で多職種連携は欠かせません。 往診同行を行う薬局も増えてきていますね。 私も日々往診に同行していますが、私のように最初から薬局やドラッグストアに就職した方は医師や看護師の使う略語に戸惑うことが多いと思います。そこで今回は私が在宅医療にかかわってきた中でこれは大事だと思った略語を紹介します。 在宅医療に係る職種・診療科の略語  略語意味職業Dr.医師Ns看護師CSケアスタッフ。ヘルパ…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 在宅医療

  • 採用祝い金を申請する
  • 薬剤師採用担当者様への求人掲載案内
  • 薬剤師専門サイトのファーマシスタ運営会社 代表メッセージ
  • ハイクラス薬剤師求人紹介サービス
  • 薬剤師キャリア支援に申し込む
  • MRの方は必読のMRファーマシスト


お客様により安全にご利用いただけるように、求人応募の入力画面など個人情報を入力する画面では、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る