薬剤師スキルアップ情報

2013年12月10日(火)
【喘息治療薬】1日1回吸入レルベア(GSK)12月9日発売

【製品名】 レルベア100エリプタ14吸入(GSK) レルベア200エリプタ14吸入(GSK) 【成分名】 ビランテロールトリフェニル酢酸塩(長時間作用型β2刺激 日本にて発売薬剤はなし) フルチカゾンフランカルボン酸エステル(ステロイド アラミストと同成分) 【効能・効果】 気管支喘息(吸入ステロイド及び長時間作動型β2刺激剤の併用が必要な場合) 【薬剤師のチェックポイント】 …続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「時代遅れにならないための」新薬情報 > 新薬の詳細情報

2013年12月5日(木)
【緑内障治療薬】アゾルガ配合懸濁性点眼液(日本アルコン)2013年11月29日収載 

【薬品名】 アゾルガ配合懸濁性点眼液(日本アルコン) 【成分名】 プリンゾラミド(炭酸脱水酵素阻害剤) 日局チモロールマレイン酸塩(β遮断薬) 【効能・効果】 緑内障、高眼圧症のうち、他の緑内障治療薬が効果不十分の場合 【服薬指導のポイント】 ・懸濁液の為よく振って点眼する ・ソフトコンタクト装着の方は点眼前に外し、点眼後15分おいて装着する ・他の点眼液と併用する場合は10分…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「時代遅れにならないための」新薬情報 > 新薬の詳細情報

2013年12月4日(水)
【女性の味方になれる薬剤師シリーズ】 女性がん罹患率1位 乳がんについて考える

日本では年約5万6千人の女性が新たに乳がんに罹患しており、年1万2千人の女性が乳がんで命を奪われています。(がんの統計2012年より) 乳がん急増の原因は、食生活の欧米化とともに、結婚しない女性、高齢初産、および出産しても十分に母乳を与えない女性の増加などがあると言われています。 がん治療における重要なことは当たり前ですが 「早期発見・早期治療」 になります。 早期発見の乳がんは、5年生存…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 腫瘍内科・外科

2013年12月3日(火)
妊娠中・妊婦へのインフルエンザワクチン予防接種は可能??

インフルエンザのシーズン前になると、薬局でもインフルエンザの予防接種の相談を受ける機会があるかと思います。その質問の中で、「妊娠中にインフルエンザワクチンは接種できるの?」と聞かれることもあるのではないでしょうか。日本産婦人科学会が妊婦のインフルエンザワクチンの接種について見解を示しておりますので、質問を受けた際の参考になればと思います。Q:妊婦へインフルエンザワクチンの予防接種は安全か? A:…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > ワクチン

2013年11月27日(水)
【オブリーン】肥満と肥満症の違いは?

近日中に薬価収載予定の肥満症治療薬「オブリーン」。 ①消化管や膵臓から分泌される脂肪の分解酵素「リパーゼ」を阻害することで ↓ ②消化管からの脂質の吸収を抑制し ↓ ③その結果、体重を減少 内臓脂肪を減少させる。 という日本初の作用機序を持った薬剤です。11月19日に薬価収載の予定でしたが、保険適応するかどうかを巡り、追加データを求められているようです。 「オブリーン」の適応は、 …続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 内分泌/代謝

2013年11月25日(月)
インフルエンザ治療薬一覧・使い方・予防適応について

2013年現在日本で保険適用のあるインフルエンザ治療薬は4種類で、すべてが「ノイラミニダーゼ阻害薬」となります。 インフルエンザ治療薬の特徴、予防投与、治療の注意点についてまとめてみました。インフルエンザ治療薬・用法・用量 ※表は2013年時点の内容です。※2014年1月にイナビルに予防投与の適応が追加されました。予防投与可能な薬・対象者(タミフル・リレンザ・イナビル) 2013年11月現在、予…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 呼吸器科

2013年11月22日(金)
薬剤師に必要な目配り・気配り・心配り(後編) 「MR×薬剤師×経営者」のコラム

「MR×薬剤師×経営者」現役薬剤師の『好流 伸(すきる のばす)』です 11月も終わりに近づき、地域によっては紅葉が綺麗な時期となりました。 私も先日、薬局から車を1時間ほど走らせ、地域では紅葉で有名なお寺に行ってきました。普段は静かなお寺でもこのシーズンは観光客であふれており、臨時駐車場もできています。 さぞかし普段は無料な駐車場でも、駐車料金をとられるのだろうな~(関西人なので・・笑)と…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 薬剤師のためのマネジメント講座 > 「30代で薬局経営者」の薬局体験記

2013年11月22日(金)
ビスホスホネート(BP)製剤による顎骨死の確率・頻度・リスクファクター

ビスホスホネート製剤は破骨細胞の働きを強力に抑える事で骨吸収を防ぎ、骨量を増加させる今や骨粗鬆症の第一選択薬として使用されている薬剤であります。 ビスホスホネート製剤服用中の患者さまで薬剤師として最も注意するべき点は? と聞いた場合、ほとんどの薬剤師さんが「歯科医院への通院の有無を確認する」「顎骨死の注意喚起」と回答されるのはないでしょうか。ビスホスホネート製剤による「顎骨死」とは、あごの骨が炎…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 整形外科

2013年11月18日(月)
パキシル錠からパキシルCR錠への切り替え時に気を付けることは?

パキシル錠は、SSRIの中でも比較的古くから使われている薬で、デプロメール、ルボックスの後に発売されています。ジェネリックが販売されているのもご存じかと思います 2012 年 6月に発売されましたパキシルCR錠は、先生方もご存じのように薬が胃で完全に溶けず、腸まで到達した頃に成分であるパロキセチンが溶け出すという仕組みを持った錠剤です。 パキシルCR錠のメリット 通常の錠剤であるパキシルを服…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 心療内科

2013年11月14日(木)
【相互作用に注意】セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)含有食品って何?って聞かれませんか?

 「セントジョーンズワート含有食品は避けて下さい」薬情などでよく記載される文面なので、セントジョーンズワートを含む食品について薬局で患者さんから質問を受ける事があるかと思います。セントジョーンズワート含有食品や、問題となる薬との相互作用についてまとめてみました。セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)を含む食品 含有食品って??食品って何?? セントジョーンズワート(SJW)はセイヨウオト…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 健康食品

  • 採用祝い金を申請する
  • 薬剤師採用担当者様への求人掲載案内
  • 薬剤師専門サイトのファーマシスタ運営会社 代表メッセージ
  • ハイクラス薬剤師求人紹介サービス
  • 薬剤師キャリア支援に申し込む
  • MRの方は必読のMRファーマシスト
  • 不動在庫売却・流動在庫取引・ジェネリック医薬品販売/配送・薬局サーチ登録の「Medicine price system」


お客様により安全にご利用いただけるように、求人応募の入力画面など個人情報を入力する画面では、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る