「薬局長は必見」薬事法規情報

薬局運営で必要な薬事法規に関する情報を配信!!

2019年4月3日(水)
調剤事務さんのピッキングが解禁に!!

「調剤業務のあり方について」が2019年4月2日に厚生労働省より発表され、 薬剤師の責任のもと、調剤事務員さんの「ピッキング行為」が正式に認められるようになりました。 詳細はこちらをご確認ください 調剤業務のあり方について(薬生総発 0402第1号) 調剤事務が行えること 今回の通知によって調剤事務さんがやっていいこと、やってはいけないことをまとめました。 包装された状態(PTPなど…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「薬局長必見」薬事法規・調剤報酬情報 > 「薬局長は必見」薬事法規情報 > 保険制度

2019年1月25日(金)
妊婦加算を考える

H30年の診療報酬改定から「妊婦加算」が新設されました。 記憶に新しい方もいるかと思います。 しかし、この「妊婦加算」ですが、H31年1月から「凍結」状態となっています。 なぜこのようなことになったのでしょうか。 一緒に考えてみたいと思います。 妊婦加算とは 妊婦の治療には、母体だけでなく胎児にも特別な配慮が必要なため、使用できる薬や治療内容が異なってきます。 そのため、診療を避けた…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「薬局長必見」薬事法規・調剤報酬情報 > 「薬局長は必見」薬事法規情報 > 保険制度

2018年9月30日(日)
保険薬局における法定掲示物一覧・チェックリスト

薬局の運営を行う上では、「健康保険法」や「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」に代表される関係法律やそれらの政令、省令、告示、通知等を遵守しなければなりません。 行政通知には、法的拘束力はありませんが、厚生局の法令解釈や審査基準に大きく影響を与えるものであるため、実質、遵守事項になろうかと思います。 今回は、多々ある法規定の中で、薬局における法定掲示物を整理したいと…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「薬局長必見」薬事法規・調剤報酬情報 > 「薬局長は必見」薬事法規情報 > 保険制度

2018年9月28日(金)
日本とアメリカ・カナダの医療保険制度の違い

日本は皆保険の制度をもつため医療保障が充実しています。 所得や被保険者など立場によっても異なりますが、日本に住んでいる患者さんは最大3割の負担で病院や薬局で最大限の治療を受けることが可能です。 日本に住んでいる外国人は同様の保障を受けられますが、海外に住んでいる日本人は除かれます。 しかし、この制度は国によって大きく異なります。 幼少時・仕事で計15年ほど海外に暮らした経験をもとに、 日…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「薬局長必見」薬事法規・調剤報酬情報 > 「薬局長は必見」薬事法規情報 > 保険制度

2018年9月10日(月)
副作用報告に係る手順書フォーマット【地域支援体制加算の算定要件】

平成30年度診療報酬改定で新設された地域支援体制加算の要件に、 「副作用報告に係る手順書の作成と報告実施体制」 「プレアボイド事例の把握・収集に関する取組」 が真新しいものとして追加されました。 これまでは、薬局がどのように社会に貢献しているのか分からない、見えないと言われ続け、国の行政レビュー等においても、保険点数の評価に疑問符が投げかけられていました。 そのような状況の中で、今回の2…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「薬局長必見」薬事法規・調剤報酬情報 > 「薬局長は必見」薬事法規情報 > 保険制度

2018年6月5日(火)
医薬品等の廃棄方法(向精神薬・麻薬・毒物・劇物)

こんにちは。 薬剤師ライターのまいです。 今回は「医薬品等の廃棄方法」について取り上げたいと思います。 医薬品卸の支店で働いていると、取引先の薬局や医療機関から医薬品の廃棄についての問い合わせを受けることがあります。 医薬品の種類や規制区分によって廃棄の手続きは様々ですので、まとめてみました。 行政立会いの必要がない医薬品の廃棄 行政立会いで廃棄の必要がない医薬品については、医療廃棄物…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「薬局長必見」薬事法規・調剤報酬情報 > 「薬局長は必見」薬事法規情報 > 届出関係

2018年5月27日(日)
麻薬小売業者間譲渡許可の活用のススメ〜薬局での麻薬の在庫管理

こんにちは、薬剤師ライターのJです。 今回は麻薬の在庫管理にも繋がる麻薬小売業者間譲渡許可の活用について書きたいと思います。 さて、皆さんの薬局には麻薬の在庫はどのくらいあるでしょうか? 麻薬がほとんど処方されない地域では在庫がゼロという薬局もあると思います。 また、麻薬処方せんを持って来局された患者さんのために在庫したら1回しか処方されなくて、期限切れを待つばかりの麻薬をいっぱい持ってい…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「薬局長必見」薬事法規・調剤報酬情報 > 「薬局長は必見」薬事法規情報 > 届出関係

2018年5月14日(月)
調剤薬局でも保険証の提示をしないといけないの?法的根拠は?

こんにちは、ライターの杉本です。 今回は薬局での保険証の提示についてです。 「保険証を提示したくない」 「処方箋に書いているからそれをみればいいだろ」  病院で待たされていらだった患者さんから心無い言葉を浴びせられて悲しい思いをしたことがある方も多いかと思います。  保険証提示に法的な根拠はあるのでしょうか?   今回は法的な根拠をお示しするとともに保…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「薬局長必見」薬事法規・調剤報酬情報 > 「薬局長は必見」薬事法規情報 > 保険制度

2018年5月9日(水)
処方された薬は返品・返金できる?トラブルを防ぐために覚えておきたい3つのこと

こんにはライターの杉本です。 今回は薬局業務に携わっていると1度は経験するであろう処方薬の返品についてです。 「新しく処方してもらったお薬が体にあわなかった。」 「前の薬に戻してほしい。」 「余ったから返品したい。」 様々な理由から返品を求められたことがあるかたも多いと思います。 気持ちはわかるし、返品を受けてあげたい気持ちはあるもののなんとなくでき…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「薬局長必見」薬事法規・調剤報酬情報 > 「薬局長は必見」薬事法規情報 > 保険制度

2018年5月7日(月)
処方薬は値下げできない?ポイント値引きは?

こんにちは。 ライターの杉本です。 今日は処方薬の値引きと調剤ポイントについてです。 ある程度経験を積んでいる薬剤師さんでしたら調剤ポイントが2010年~2012年にかけて問題になったことを覚えていらっしゃる方も多いかと思います。 しばらく時間がたったので改めて現状について整理をしておきたいと思います。 保険調剤とポイント付与の可否   可否 クレジ…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「薬局長必見」薬事法規・調剤報酬情報 > 「薬局長は必見」薬事法規情報 > 保険制度


お客様により安全にご利用いただけるように、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る