インフルエンザ菌とインフルエンザウイルスの違い・予防・治療法について

少し前の話ですが、患者さんから「抗生物質がインフルエンザに効くってネットに書いてたけど本当?」と質問されたことがありました。

ほとんどの抗生剤の添付文書にある適応菌種をみると「インフルエンザ菌」の記載があります。おそらくインターネットの添付文書を見て「インフルエンザウイルス」に効果があると勘違いをされたのでしょう。

インフルエンザ菌とインフルエンザウイルスは全く異なるものですが、インフルエンザ菌は1800年代にインフルンザウイルスが大流行した時に患者から検出され、当初はインフルエンザの原因菌と誤認されたことから「インフルエンザ菌」と名付けられたそうです。

その後に、インフルエンザを引き起こす原因は「インフルエンザウイルス」ということが判明しましたが、菌の名前として残したそうです。

細菌とウイルスの違い

細菌とウイルスの一番の違いは「自分自身で増殖できるか?」です。

細菌は自分自身で増殖ができるのに対して、ウイルスは生きた細胞の中でしか増殖ができません。

薬剤師なら常識ですが、細菌には抗生物質が、ウイルスには抗ウイルス薬が用いられます。すなわち、インフルエンザウイルスを抗生物質で抑えることはできません。

インフルエンザ菌によって引き起こされる病気

インフルエンザ菌はグラム陰性桿菌で非莢膜株(ひきょうまくかぶ)と莢膜株(きょうまくかぶ)に分かれます。

非莢膜株は健康な人の咽頭や鼻腔に常在していますが中耳炎副鼻腔炎気管支炎肺炎といった病気の原因となります。実は中耳炎や副鼻腔炎の多くはインフルエンザ菌が原因菌となっています。

莢膜株は血液に入ることで敗血症、髄膜炎、結膜炎、急性喉頭蓋炎喉頭蓋炎を引き起こし重症化します。

またインフルエンザ菌の莢膜株はa~f型まであり重症化するb型を「Hib(ヒブ)」と呼ばれます。

学名Haemophilus influenzaeの頭文字を略した”Hi”をつけて、b型菌をHibと呼ぶ

引用 ウィキペディア

 

インフルエンザ菌の予防・治療薬

インフルエンザ菌感染症に対しては、アンピシリン(商品名:ビクリシン)やアモキシシリン(商品名:サワシリンパセトシンワイドシリン)などのペニシリン製剤が高用量で処方されます。成人の場合はキノロン系や第三代セフェムなどが使われます。

特にインフルエンザ菌b型は5歳未満の子供に重症化しやすいため、Hibワクチンの予防接種が2013年より定期接種に導入され、小児の重症患者例は激減しているようです。

定期接種として位置づけられていますが、情報リテラシーが低い地域や家庭ではHibワクチンの接種をさせず、重症化するケースもありますので、予防接種の啓蒙活動も薬局で行っていくことも必要となりそうです。

この記事を書いた人

伊川勇樹

伊川勇樹(いかわゆうき)

シナジーファルマ株式会社 代表取締役
薬剤師

2006年 京都薬科大学 薬学部卒。

調剤併設ドラッグストアのスギ薬局にて店長、調剤部門エリアマネージャーを経験後、名古屋商科大学院経営管理学修士課程にて2年間経営学を学び、経営管理学修士号(MBA)を取得。
2013年4月、シナジーファルマ株式会社を設立。
2013年8月、薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」をリリース。

「インターネットをつうじて薬学業界の発展と地域医療の活性化に貢献する」
というミッションのもと「薬剤師」と「ITベンチャー経営者」の二刀流で日々奮闘中。

1983年岡山県倉敷中央病院で生まれ、水の都である愛媛県西条市で育つ。
大学より京都、大阪で14年間過ごし、現在は沖縄県民。
一児の父親。

記事作成のサイトポリシーについてはコチラ

この投稿者の最近の記事

「伊川勇樹」のすべての投稿記事を見る>>

薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」のFacebookページに「いいね!」をすると、薬剤師が現場で活躍するために役立つ情報を受け取ることができます。ぜひ「いいね!」をよろしくお願いします。


お客様により安全にご利用いただけるように、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る