ヘルパンギーナと薬局でよく受ける質問

主に5歳以下の乳幼児で感染が問題となるのがヘルパンギーナです。

夏かぜの代表的なもので、通常は5月からではじめ6〜7月がピークとなり、8月より減少します。

抗菌薬は効果がなく対症療法のため薬局ではアルピニーやアンヒバの坐薬の処方を受けるケースがあるかと思います。

「病院で聞くのを忘れたのですが・・・・。」
と薬局でお父さんやお母さんからヘルパンギーナについての質問を受けるケースがあるかもしれません。

ヘルパンギーナの特徴、薬局で質問を受けやすい内容をまとめました。

症状

  • 突然の発熱38〜40度
  • 発熱に続く咽頭痛
    口腔内の奥側(軟口蓋〜口蓋弓が主)に小水疱を形成
    →小水疱が破れ潰瘍になり、痛みを伴う。
    →不機嫌、哺乳不良、食欲低下に

原因ウイルス

エンテロウイルス属のウイルス

  • コクサッキーウイルスA群(CA)【主な原因】
  • エンテロウイルス

感染経路

  • 飛沫感染
  • 接触感染
  • 糞口感染

潜伏期間

2〜4日

治療薬

対症療法のみ

発熱・咽頭痛に対して解熱鎮痛薬(アセトアミノフェン)

患者さんから薬局で聞かれる質問

 


患者さん

食事で何か注意することはありますか?

 


薬剤師

口の中に潰瘍ができると痛くて食事がとれないことがあります。
柑橘類など酸味の強いもの、塩味の強いもの、刺激物は避けることです。
あと通常の食事より柔らかく調理してあげましょう。
水分(ミルクなど)がとれない場合は、脱水を防ぐためにも少量ずつでいいのでこまめに与えてあげてください。

 


一度かかったら感染しない?


ヘルパンギーナの原因ウイルスは複数あるため、別の原因ウイルスに感染した場合に再度発症するケースがあります。

 


保育園にはいつから行かせたらいい?


ヘルパンギーナは学校保健安全法での明確な出席停止期間が設けられていません。

通常は発熱や喉頭・口腔の水疱・潰瘍を伴う急性期は出席停止とし、熱が下がり、口の痛みが治り、通常の食事が摂れ、元気な様子であれば登園して問題ないとされています。
保育園などで独自に基準を定めている場合は、指示に従うようにしましょう。
ただし2〜4週間は便中からウイルスが排出されるので排泄物の処理には注意してもらうようにしなければいけません。

 


お風呂には入れていいですか?


熱が高くなく元気であれば問題ないとされています。

この記事を書いた人

伊川勇樹

伊川勇樹(いかわゆうき)

シナジーファルマ株式会社 代表取締役
薬剤師

2006年 京都薬科大学 薬学部卒。

調剤併設ドラッグストアのスギ薬局にて店長、調剤部門エリアマネージャーを経験後、名古屋商科大学院経営管理学修士課程にて2年間経営学を学び、経営管理学修士号(MBA)を取得。
2013年4月、シナジーファルマ株式会社を設立。
2013年8月、薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」をリリース。

「インターネットをつうじて薬学業界の発展と地域医療の活性化に貢献する」
というミッションのもと「薬剤師」と「ITベンチャー経営者」の二刀流で日々奮闘中。

1983年岡山県倉敷中央病院で生まれ、水の都である愛媛県西条市で育つ。
大学より京都、大阪で14年間過ごし、現在は沖縄県民。
一児の父親。

記事作成のサイトポリシーについてはコチラ

この投稿者の最近の記事

「伊川勇樹」のすべての投稿記事を見る>>

薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」のFacebookページに「いいね!」をすると、薬剤師が現場で活躍するために役立つ情報を受け取ることができます。ぜひ「いいね!」をよろしくお願いします。


お客様により安全にご利用いただけるように、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る