とびひ(伝染性膿痂疹)に処方される主な治療薬

夏に小児に見られる代表的な皮膚疾患が「とびひ」です。

とびひの正式名称は伝染性膿痂疹(読み方:でんせんせいのうかしん)です。

患部をさわった手で、体のあちこちを触ったり掻いたりすることで、患部が広がっていきます。
火の粉が飛び散って火事が広がるといった「飛び火」にたとえられています。

とびひについて薬局でも親御さんから相談を受けるケースがあるかもしれません。

とびひの症状や治療薬、質問を受けやすい内容についてまとめました。

とびひの種類と症状

とびひは大きく下記の2つに分類されます。

  • 水ぶくれができる水泡性膿痂疹(読み方:すいほうせいのうかしん)
  • かさぶたができる痂皮性膿痂疹(読み方:かひせいのうかしん)

水泡性膿痂疹について

水泡性膿痂疹では最初に水泡ができ痒みを伴う。
水泡は、破れてただれになる。
水泡が破れ、中身を触った手で、体の別の部位を触ることで、体のあちこちに広がる。
特に鼻のまわりに細菌が多く常在しているので鼻のまわりから始まることが多い。
高温多湿となる夏に多く、乳幼児に多くみられる。
特に保育園や幼稚園での集団発生が多い。
子供の「とびひ」の大部分は水泡性膿痂疹である

痂皮性膿痂疹について

かさぶたができる痂皮性膿痂疹では、赤みからはじまり膿疱へ。
のどの痛みや発熱、リンパ節の腫れを伴うこともあり、子供だけでなく大人でも起こりうる。

とびひの原因菌

水泡性膿痂疹の原因菌

  • 黄色ブドウ球菌
  • 表皮ブドウ球菌

痂皮性膿痂疹の原因菌

  • A群β溶血性レンサ球菌(溶連菌)
    ブドウ球菌と同時に感染しているケースもあり

とびひの代表的な治療薬一覧

水泡性膿痂疹

抗生物質塗り薬飲み薬が処方されます。
軽度の場合は外用薬のみ処方のケースもあり。
ゲンタマイシン(商品名:ゲンタシン)は黄色ブドウ球菌への感受性が低いことからとびひに処方されるケースは減ってきています。

代表的な抗菌薬【外用薬】
フシジン酸ナトリウム
商品名:フシジンレオ軟膏

テトラサイクリン塩酸塩
商品名:アクロマイシン軟膏

オキシテトラサイクリン塩酸塩
商品名:テラマイシン軟膏

ナジフロキサシン
商品名:アクアチム軟膏・クリーム

代表的な抗菌薬【内服薬】
セフェム系
セファクロル
商品名:ケフラール細粒

セフジニル
商品名:セフゾン細粒

ペネム系
ファロペネムナトリウム
商品名:ファロムドライシロップ

3〜4日内服しても効果がない場合はメチシリン耐性ブドウ球菌(MRSA)を疑う。
ホスホマイシンミノマイシン(8際未満の歯牙形成期には歯の着色のため通常は使用しない)が処方されるケースあり。

かゆみが強い場合は抗ヒスタミン薬の内服も使われる。
炎症を抑えたり患部を保護する目的で亜鉛華軟膏が処方されるケースもあり。
炎症やかゆみがひどい場合はステロイド外用剤も処方されるケースがある。

痂皮性膿痂疹

ペニシリン系抗生物質、セフェム系、ペネム系の抗菌薬。腎炎予防のため通常は10〜14日の投与。

とびひについて薬局よく受ける質問

 


患者さん

お風呂の水で家族にうつりませんか?

 


薬剤師

プールの水や、お風呂のお湯を介してうつることはありませんが、
接触によってうつる可能性がありますので、兄弟で一緒にお風呂に入るのは避けてください
また入浴は症状が軽度であれば問題ないですが、範囲が広い場合や、ジュクジュクしている場合は、シャワー浴がよいでしょう。泡立てた石鹸で洗い流し、清潔にすることで菌の量も減らすことができます。

 

 


患者さん

何か生活で気をつけることはありますか?

 


薬剤師

まずは爪を短くきること・爪の先を尖らせないことです。
そして手は石鹸でこまめに洗ってあげましょう
流水で洗うことがポイントです。
また肌があれていたり、傷があると細菌が入りやすくなりますので、普段からワセリンなどで保湿することをおすすめします。

 

 

この記事を書いた人

伊川勇樹

伊川勇樹(いかわゆうき)

シナジーファルマ株式会社 代表取締役
薬剤師

2006年 京都薬科大学 薬学部卒。

調剤併設ドラッグストアのスギ薬局に新卒で入社。
調剤部門エリアマネージャーを経験後、名古屋商科大学院経営管理学修士課程にて2年間経営学を学び、経営管理学修士号(MBA)を取得。
2013年4月、シナジーファルマ株式会社を設立。
2013年8月、薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」をリリース。

「インターネットをつうじて薬学業界の発展と地域医療の活性化に貢献する」
というミッションのもと「薬剤師」と「ITベンチャー経営者」の二刀流で日々奮闘中。

1983年岡山県倉敷中央病院で生まれ、水の都である愛媛県西条市で育つ。
大学より京都、大阪で14年間過ごし、現在は沖縄県民。
1歳の息子と妻の3人家族。

当面の目標は、
「息子の成長スピードに負けないこと」

座右の銘は、
「まくとぅそうけい なんくるないさ」
=「誠実に心をこめて努力をしていたら、なんとかなる!!」

記事作成のサイトポリシーについてはコチラ

この投稿者の最近の記事

「伊川勇樹」のすべての投稿記事を見る>>

薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」のFacebookページに「いいね!」をすると、薬剤師が現場で活躍するために役立つ情報を受け取ることができます。ぜひ「いいね!」をよろしくお願いします。


お客様により安全にご利用いただけるように、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る