抗アレルギー薬の口腔崩壊錠(OD)・チュアブルの味は?

H1受容体拮抗薬などの抗アレルギー薬や、ロイコトリエン拮抗薬は小児に処方される機会が多いことから口腔崩壊錠(OD)やチュアブル錠が多く発売されています。

そのためお母さまから「どんな味がするの?」と聞かれるケースもあるかと思います。

抗アレルギー薬の口腔崩壊錠(OD)、チュアブル錠の味についてまとめてみました。

抗アレルギー薬のOD・チュアブルの味のまとめ

 

アレグラOD錠60mgの味


味:バナナ味
 口に含み続けると苦味がでる
12歳以上 1日2回

30mgは錠剤のみ

エバステルOD錠5mgの味


味:ストロベリー味

7.5歳~11歳 1日1回5mg

エバステルOD錠10mgの味 


味:無味 味はなし

12歳以上 1日1回10mg

タリオンOD錠剤5mg・タリオンOD錠剤10mgの味


味:メントール配合のためハッカ味
 有効成分に苦味があるため完全にマスクはできない
7歳以上 1日2回 1回10mg

アレロックOD錠2.5mg・アレロックOD錠5mgの味


味:パイナップル

2~6歳1回2.5mg 1日2回朝・就寝前(顆粒のみ)
7歳以上1回5mg 1日2回朝・就寝前

クラリチンレディタブ錠10mgの味


味:ミントフレーバー
 口にいれた瞬間に溶ける
7歳以上 10mg

キプレスチュアブル錠5mgの味


味:チェリー

6歳以上に1日5mg 就寝前

シングレアチュアブル錠5mgの味


味:チェリー

6歳以上に1日5mg 就寝前

OD錠の味は添付文書に載っていない・・・

薬剤師:「これは口の中で溶けますのでお子さんでも大丈夫ですよ。」

母:「それは助かります。で、どんな味がするのですか?」

薬剤師:「・・・・(´Д`)」

どんな味か薬局で聞かれることはよくあると思いますが、添付文書には味の説明がないため、調べるのに時間がかかり、苦い思いをした経験がありました。事前に自分の薬局にある口腔崩壊錠やチュアブル錠の味は把握しておいた方がよいですね。

基本的に香料で薬剤の苦味をマスキングしている薬剤がほとんどですが、アレグラ、アレロック、タリオンあたりは苦味が残りやすい傾向にありますので、服用後は水などを摂取することをオススメしてもよいかと思います。

この記事を書いた人

伊川勇樹

伊川勇樹(いかわゆうき)

シナジーファルマ株式会社 代表取締役
薬剤師

2006年 京都薬科大学 薬学部卒。

調剤併設ドラッグストアのスギ薬局にて店長、調剤部門エリアマネージャーを経験後、名古屋商科大学院経営管理学修士課程にて2年間経営学を学び、経営管理学修士号(MBA)を取得。
2013年4月、シナジーファルマ株式会社を設立。
2013年8月、薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」をリリース。

「インターネットをつうじて薬学業界の発展と地域医療の活性化に貢献する」
というミッションのもと「薬剤師」と「ITベンチャー経営者」の二刀流で日々奮闘中。

1983年岡山県倉敷中央病院で生まれ、水の都である愛媛県西条市で育つ。
大学より京都、大阪で14年間過ごし、現在は沖縄県民。
一児の父親。

記事作成のサイトポリシーについてはコチラ

この投稿者の最近の記事

「伊川勇樹」のすべての投稿記事を見る>>

薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」のFacebookページに「いいね!」をすると、薬剤師が現場で活躍するために役立つ情報を受け取ることができます。ぜひ「いいね!」をよろしくお願いします。


お客様により安全にご利用いただけるように、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る