薬剤師力を磨く

2017年7月20日(木)
後発医薬品調剤体制加算の対象となる医薬品の整理

厚労省が公開している一般名処方マスタの導入に係る経過措置期間が終了したことで、診療報酬点数の医科における一般名処方加算1の算定要件として、平成29年4月から後発品の存在する全ての医薬品(2種類以上の後発品があるものに限る)を一般名処方することが必要となりました。 そのため平成29年4月以降、薬局では一般名処方の処方せんを見かけることが多くなったかと思います。 調剤薬局にとっては、一般…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「薬局長必見」薬事法規・調剤報酬情報 > 「薬局長は必見」薬事法規情報 > 保険制度

2017年7月15日(土)
抗ヘルペスウイルス薬一覧・作用機序の違い

抗ヘルペスウイルス薬はヘルペスウイルスのDNAの複製を防止することで、 ヘルペスウイルスの増殖を抑えます。 従来のDNAポリメラーゼ阻害薬に加え、新しい作用機序であるヘリカーゼ・プライマーゼ阻害薬のアメナリーフ(一般名:アメナメビル)が2017年7月に承認されました。 抗ヘルペスウイルス薬と作用機序や特徴についてまとめました。 抗ヘルペスウイルス薬一覧(内服)   一…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 抗ウイルス薬

2017年7月13日(木)
「違いがわかる」カンデサルタン後発医薬品一覧・メーカー間比較

2017年7月現在、カンデサルタン錠は34社のメーカーの後発品が薬価収載されています。 後発品を選ぶ際に価格以外でどのような視点を重視すればよいのでしょうか? カンデサルタン錠8mgの代表的なメーカーについて特徴を比べてみたいとおもいます。 カンデサルタン後発品比較 ブロプレスの代表的なジェネリック医薬品について、 特徴や違いを表にまとめました。 カンデサルタン…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > ジェネリック

2017年7月2日(日)
薬剤師的「日光浴によるビタミンD生成論」

こんにちは。 健康食品を担当しているエビデンスエージェントの工藤知也です。 薬剤師が名前を呼ぶと、ゆっくり歩いてきて開口一番、 「運動しなさい!って先生に毎回言われるけど。本当に歩くの嫌い。すぐに車を使ってしまうわ。家でもゴロゴロしているの。だから、体重も増える一方(笑)。」 こんなやり取りは、薬局での日常ですね。 外に出る切っ掛けを患者さんにどうにか与えたい…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 健康食品

2017年6月23日(金)
テトラサイクリン系抗生物質一覧・作用機序・服薬指導のポイント

静菌性のテトラサイクリン系抗菌薬は抗菌スペクトルは広いですが、問題となるのが耐性菌です。 特に耐性の少ないドキシサイクリン(商品名:ビブラマイシン)やミノサイクリン(商品名:ミノマイシン)は日本皮膚科学会にてざ瘡(ニキビ)への推奨度が高いことからも、皮膚科領域で処方される頻度の高い薬剤です。 テトラサイクリン系の抗菌薬と作用機序、特徴、服薬指導でのポイントをまとめました。 テ…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 抗菌薬

2017年6月16日(金)
後発医薬品への変更調剤(区分なし・準先発品)

変更調剤については、平成24年3月の厚労省通知「処方せんに記載された医薬品の後発医薬品への変更について」において、現行ルールが示されています。 先発品→後発品 後発品→後発品 一般名→後発品・先発品 というのが原則的なルールですが、この変更調剤の意図は、後発品の使用促進であるので、一般名処方を除き、薬価基準収載品目リスト(以下、薬価収載リスト)上の後発品の区分でない薬剤へは、原則、…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「薬局長必見」薬事法規・調剤報酬情報 > 「薬局長は必見」薬事法規情報 > 保険制度

2017年6月16日(金)
痛風発作時に使用できない市販薬と対処法

こんにちは。 メディカルライターのリナです。 ドラッグストアで働いていると、駆け込み寺のようにお客さんが色々なご相談に来られます。 風邪はもちろん、蜂に刺された、怪我をした、湿疹が出た等々。 病院が休診であったり、忙しくて受診する時間の取れない会社員の方にとって、ドラッグストアで働く薬剤師は最も身近な医療従事者です。 今回は改めてそういった「薬剤師の社会的な…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 痛風・高尿酸血症治療剤

2017年6月15日(木)
インチュニブ(グアンファシン)作用機序・服薬指導の要点

注意欠陥/多動性障害(AD/HD)はAttention-Deficit/Hyperactivity Disorderの略で、7歳未満に発症する発達障害の一つです。 不注意、多動性、衝動性の3つが主症状となります。 主症状 具体的症状 不注意 忘れ物をする 約束を忘れる すぐに気が散る 多動性 じっとできない 静かにできない 落ち着きがない 衝動性 …続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 神経に作用する薬剤

2017年6月12日(月)
抗真菌薬(水虫治療薬)一覧・作用機序の違い

白癬やカンジダ症に処方される抗真菌薬の外用薬はいくつか系統がありますが、 共通した作用機序は真菌細胞膜の構成成分である「エルゴステロール生合成の阻害」です。 大まかに作用機序は同じですが、抗真菌薬の系統によってエルゴステロールの生合成阻害に対するアプローチに違いがあります。 エルゴステロールの合成経路と、抗真菌薬がエルゴステロール合成経路のどこを阻害するのか? 抗真菌薬…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 抗真菌薬

2017年6月6日(火)
「沖縄生まれ・沖縄育ち」東京からUターン薬剤師・たいよう薬局新川祥平先生

伊川 こんにちは。 ファーマシスタ編集長の伊川勇樹です。 今回のインタビューは私が沖縄で公私共にお世話になる方。 沖縄生まれ・沖縄育ち、大学で東京に出たのちに沖縄に帰ってきた新川祥平先生に沖縄で働く魅力を聞いてみたいと思います。 新川先生、宜しくお願いします。   新川 新川先生(笑) なんか不自然ですね・・・。 伊川 確かに(笑) …続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師キャリアアップ情報 > 【可能性は無限大】輝く薬剤師特集 > 調剤薬局薬剤師

  • 採用祝い金を申請する
  • 薬剤師採用担当者様への求人掲載案内
  • 薬剤師専門サイトのファーマシスタ運営会社 代表メッセージ
  • ハイクラス薬剤師求人紹介サービス
  • 薬剤師キャリア支援に申し込む
  • MRの方は必読のMRファーマシスト


お客様により安全にご利用いただけるように、求人応募の入力画面など個人情報を入力する画面では、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る