「現役薬剤師発」学術情報

「一人の薬剤師の疑問はみんなの疑問かもしれない」

薬剤に関する疑問、患者さんに聞かれて疑問に思った事、それは皆さんが抱える疑問かもしれません。

現場からの生の学術情報を現役薬剤師達が発信!!

2013年11月14日(木)
【相互作用に注意】セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)含有食品って何?って聞かれませんか?

 「セントジョーンズワート含有食品は避けて下さい」 「セイヨウオトギリソウと飲み合わせが悪い理由は?」 薬情などでよく記載される文面なので、セントジョーンズワート(SJW)を含む食品について薬局で患者さんから質問を受ける事があるかと思います。 セントジョーンズワート含有食品や、問題となる薬との相互作用についてまとめてみました。 セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)を含む食…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 健康食品

2013年11月11日(月)
『せん妄』と『認知症』の臨床的特徴について

『せん妄』とは身体疾患が原因となって意識がぼんやりとした状態となり、錯覚や幻覚、妄想、興奮などが加わった状態がせん妄の特徴的な症状です。せん妄は、認知症と似ているので間違われることもありますが、それぞれ本質的には異なります。 せん妄と認知症の最も大きな違いは発症様式で、せん妄は急性、認知症特にアルツハイマー型では潜行性に発症し緩徐に進行します。 また、せん妄は夜間に増悪することが多く、夜間せん…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 抗認知症治療薬

2013年11月8日(金)
インフルエンザの予防接種はいつまで効果持続する?タイミングは?

「インフルエンザの予防接種の効果はいつまであるの?」 インフルエンザのシーズンになるころに薬局でも質問を受けることがあるのではないでしょうか? インフルエンザの予防接種について、効果がどれくらい持続するのか?また摂取するタイミングについて考えてみたいと思います。厚生労働省では10月~12月ころインフルエンザの予防接種を推奨 厚生労働省のガイドラインを見るとワクチンが十分な効果を維持する期間は接種…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > ワクチン(予防接種用薬)

2013年11月6日(水)
『加齢』による『もの忘れ』?? 『認知症』による『もの忘れ』??

日常においてもよく、「最近もの忘れが多くなった」「認知症かしら?」と一般の方からもそのような会話が聞かれるようになってきました。 先生は、加齢による「もの忘れ」と認知症による「もの忘れ」の違いを説明できますでしょうか? 一度確認してみましょう。 加齢によるもの忘れは半年~1年では進行することはありませんが、認知症は進行性の変化がみられます。 もの忘れの内容としては、例として結婚式に出席をし…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 抗認知症治療薬

2013年10月28日(月)
グレープフルーツとCa拮抗薬との薬物相互作用【CYP3A4】

「グレープフルーツは避けて下さい」 薬情によく記載されている文章のため、現場で働く薬剤師の方であれば、患者さまから「グレープフルーツの影響」について質問を受けた事はあると思います。 特にCa拮抗薬ではノルバスクやアムロジンなどのアムロジピン製剤はグレープフルーツの影響が低いことから説明を省略し、薬情を見た患者さんが不安になって相談を受けるといった事もあるのではないでしょうか。 では各Ca…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 循環器科

2013年10月25日(金)
認知症の前段階、MCI(Mild Congnitive Impairment)とは?

高齢化の進展とともに認知症の患者数も増加しています。 65歳以上の高齢者では7人に1人程度と言われています。その中で認知症の全段階と考えられるMCIの人も加えると4人に1人の割合となりますが、MCIの方がすべて認知症になるわけではありません。 しかし、MCIの人のうち年間で10~15%が認知症に移行すると言われています。 では、MCIとはどういう症状なのでしょうか? MCI(Mild Co…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 抗認知症治療薬

2013年10月21日(月)
1ftu(フィンガーチップユニット)とは?チューブによって量が変わる落とし穴

こんにちは。 薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」の伊川勇樹です。 ステロイド薬の服薬指導で 「ベタベタ塗らず薄くのばして使用してください」 と説明されることが多いのではないでしょうか? 患者さんから 「どれくらいの量を塗ればいいの?」 と聞かれたときに目安となるのが1FTU=ワンフィンガーチップユニットです。 1ftuとは?何グラム? 「この軟膏は成人の一指し指の先から第一関節の…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 皮膚科用剤

2013年10月16日(水)
オーソライズドジェネリック(AG)とは??ジェネリックとの違い

【オーソライズドジェネリック】 日本において、アレグラの「オーソライズドジェネリック」フェキソフェナジン塩酸塩錠(SANIK)を日医工が独占販売することをサノフィ社と合意した事で注目を集めました。オーソライズドジェネリックとジェネリックの違い では、「オーソライズドジェネリック」とは他のジェネリックとはどう違うのでしょうか? オーソライズ【authorize】:[名]正当と認めること。公認…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > ジェネリック医薬品

2013年10月10日(木)
【機能性ディスペプシア】アコファイドから学ぶ『情報リテラシー』

アコファイド錠100mgといえば世界初の機能性ディスペプシアに効果のある薬として注目を集めました。様々なメディアが、「機能性ディスペプシアに効果あり!!」と取り上げています。果たして、本当に正しい表現なのでしょうか?世の中には様々な情報が溢れています。その情報を鵜呑みにするのではなく、自分自身で考えて判断し、そして患者さまや、周りの医療従事者に向けて情報を発信する事、すなわち「情報リテラシー」が薬…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 消化器科

2013年10月7日(月)
機能性ディスペプシア(FD)とは?診断基準

【機能性ディスペプシア】(FD :functional- dyspepsia) アコチアミド(商品名:アコファイド)の登場によって注目された疾患であります。 もう知っているという方も、いや、いまいち説明できないという方も、もう一度復習しましょう!!機能性ディスペプシアとは、胃の痛みや胃もたれなどのさまざまな症状が慢性的に続いているにもかかわらず、内視鏡検査を行っても、胃潰瘍・十二指腸潰瘍や胃がん…続きを読む

記事カテゴリ:薬剤師スキルアップ情報 > 「現役薬剤師発」学術情報 > 消化器科


お客様により安全にご利用いただけるように、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る