秋の不調には秋野菜「南瓜・さつまいも」!~服薬指導で活かせるワンポイントアドバイス

すっかり秋めいてきて、朝も涼しくなってきた今日この頃。 体調を崩されている方も多く見られます。 喉にきている患者様も多いのでは? そんな不調や、季節の変わり目のゆらぎ肌のケアのためにもしっかり食べていただきたいもの。

それが今の時期にある、「秋野菜」です。
今の時期であれば、「南瓜」「さつまいも」などのお芋系がよくお店にも出ていますよね。

gettyimages_78489315

粘膜を強くしてくれるビタミンAを含む「ほうれん草」や「人参」。そして、ビタミンCを含む「さつまいも」や「じゃがいも」。また、血流をよくして、お肌をツヤツヤ、内側からあふれるようなポッとしたほっぺにしてくれるビタミンEを含む「南瓜」。

これらが旬の今、積極的に摂取することをオススメするのも良いでしょう。 

ビタミンCは「水溶性ビタミンC」とも言われ、摂取しても外に流れやすいビタミン。 そして熱に弱めなのです。 しかし、「さつまいも」のビタミンCは「熱に強い」と言われていて、加熱しても壊れにくい。

「じゃがいも」も皮付きのままであれば、ビタミンCの減りが少ないと言われています。 この時期であれば、「南瓜の煮物」でほっこりしたり。がっつり食べたいときには、フライや天ぷらにしたり。

美肌に導くためには、ビタミンのA、C、Eを一緒に摂取するといいと言われています。
蒸したじゃがいもやにほうれん草を和えたり、さつまいもご飯を合わせてみるといいかもしれませんね。

私は、さつまいもでお味噌汁を作ってみました。

さつまいも みそ汁

ほっこり温まりますので、この時期におすすめです。 粘膜を保護して、意識的にビタミンを摂ると、風邪もひきにくくなりますよ。

夏の疲れを持ち越している患者様に! ぜひ、服薬指導の際にお伝えください。 患者様も喜んでくださると思います。

この記事を書いた人

薬剤師・秋吉佑美

秋吉 佑美(あきよしゆみ)

岡山大学薬学部 総合薬学科卒
薬剤師、料理栄養研究家、マクロビ上級

宮崎で生まれ、岡山、大阪で過ごし、宮崎にUターン。
薬剤師の仕事をしながら、栄養学に興味をもつ。
「私たちの身体は食べたもので出来ている」ということを日々の食生活で実感。
薬ではなく、食事で心と身体の元氣を伝えていきたいと思い2014年からブログを立ち上げている。
朝時間.jpにて朝美人アンバサダー兼任。
美容雑誌MAQUIAにて「チーム美セレブ」としても活動中。
薬剤師をしながら、栄養指導やレシピ制作を行っている。

この投稿者の最近の記事

薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」のFacebookページに「いいね!」をすると、現役薬剤師発の学術情報や新薬情報、最新の医療ニュースなどを受け取る事ができます。ぜひ、「いいね!」をよろしくお願いします。

  • 採用祝い金を申請する
  • 薬剤師採用担当者様への求人掲載案内
  • 薬剤師専門サイトのファーマシスタ運営会社 代表メッセージ
  • ハイクラス薬剤師求人紹介サービス
  • 薬剤師キャリア支援に申し込む
  • MRの方は必読のMRファーマシスト


お客様により安全にご利用いただけるように、求人応募の入力画面など個人情報を入力する画面では、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る