らっきょうの栄養「硫化アリル」「フルクタン」とは?

こんにちは。

「薬学×栄養学」のコラムを担当しています秋吉佑美です。

カレーライスのお供といえば、
何を想像しますでしょうか?

福神漬け、らっきょうがメジャーだと思いますが、
らっきょうの栄養について考えてみたいと思います。

脇役かもしれないですが、らっきょうの栄養ってすごいんです。

薬局でも生活習慣病の方や、便秘で悩む方がいらっしゃるかと思います。
そんな時に、服薬指導のワンポイントアドバイスとしてらっきょうの栄養について頭の引き出しに入れておくことをオススメします。

熊本産の無農薬の土つきらっきょうが手に入ったので、私にとって、初のらっきょう漬け。

しか~し、下処理がこんなに大変なんて思いもせず。笑
無心になってしていました。

出来上がりはこんな感じになりました。

 

小さい時は、カレーについてるらっきょうは苦手だったのに、大人になって、大好きなる方も多いのではないでしょうか。

今回はこの「らっきょう」の栄養について解説します。

らっきょうには硫化アリルが豊富

さて、きになる栄養について解説します。

らっきょうには疲れをとってくれるビタミンB1を身体にとどめてくれる、
硫化アリル」が豊富。

この成分は玉ねぎにも豊富です。
ビタミンB1は、水に溶けやすい、水溶性ビタミン
なので、身体になが~くとどめておくには、硫化アリルと一緒にとると良いですよ。

フルクタンがダイエットにも繋がる

そして、「フルクタン

これは、脂肪が身体にたまるのを予防してくれるので、ダイエットにも効果的。
もちろん、コレステロールが高めの方にもおすすめ。
そして、血糖値の上昇を抑えてくれる効果も。血糖値が気になる方にもおすすめです。

食物繊維も豊富・便秘気味の方へ

また、「食物繊維」も豊富なので、便秘気味の方にもおすすめ。
1日3食のご飯に付け合わせとして食べるといいでしょう。

1日の目安は何個?食べ過ぎはよくない?

ただ、食べ過ぎると、血流が良くなって食欲が増してしまったり、胃に負担がかかることがありますのであくまで、付け合わせは5粒くらいを目安に摂るといいでしょう。

食べ合わせには意味がある・カレーとらっきょう

カレーの付け合せとしてよく出る、らっきょう。

実は、こってりしたカレーの消化を助けてくれるのかなと思います。
やっぱり、食べ合わせには、「意味」があるので考えるとおもしろい。
そして、身体の中の活性酸素という、アンチエイジングに敵のものをなくしてくれる効果もあるので、女子の味方です。

メインではない食材ですが、ご飯のお供に加えて、健康維持に役立てる食材だと思います。

薬局では食事のことを聞かれる機会が多くあるかと思いますが、ワンポイントアドバイスとして「らっきょう」の栄養も頭に入れておくとよいでしょう。

この記事を書いた人

薬剤師・秋吉佑美

秋吉 佑美(あきよしゆみ)

岡山大学薬学部 総合薬学科卒
薬剤師、料理栄養研究家、マクロビ上級

宮崎で生まれ、岡山、大阪で過ごし、宮崎にUターン。
薬剤師の仕事をしながら、栄養学に興味をもつ。
「私たちの身体は食べたもので出来ている」ということを日々の食生活で実感。
薬ではなく、食事で心と身体の元氣を伝えていきたいと思い2014年からブログを立ち上げている。
朝時間.jpにて朝美人アンバサダー兼任。
美容雑誌MAQUIAにて「チーム美セレブ」としても活動中。
薬剤師をしながら、栄養指導やレシピ制作を行っている。

この投稿者の最近の記事

薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」のFacebookページに「いいね!」をすると、現役薬剤師発の学術情報や新薬情報、最新の医療ニュースなどを受け取る事ができます。ぜひ、「いいね!」をよろしくお願いします。

  • 採用祝い金を申請する
  • 薬剤師採用担当者様への求人掲載案内
  • 薬剤師専門サイトのファーマシスタ運営会社 代表メッセージ
  • ハイクラス薬剤師求人紹介サービス
  • 薬剤師キャリア支援に申し込む
  • MRの方は必読のMRファーマシスト
  • 不動在庫売却・流動在庫取引・ジェネリック医薬品販売/配送・薬局サーチ登録の「Medicine price system」


お客様により安全にご利用いただけるように、求人応募の入力画面など個人情報を入力する画面では、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る