止瀉薬(下痢止め)一覧・作用機序

下痢症」に適応のある止瀉薬は作用機序の違いから下記の種類があります。

  • 収斂(しゅうれん)薬
  • 吸着薬
  • 腸運動抑制薬
  • 殺菌薬

同じ下痢止めであっても作用機序の違いから使い分けがされますので、
分類別の特徴や注意点は把握しておく必要があります。

止瀉薬(下痢止め)一覧

分類 一般名 商品名
収斂薬  タンニン酸アルブミン タンナルビン
次硝酸ビスマス 次硝酸ビスマス
吸着薬 天然ケイ酸アルミニウム  アドソルビン 
腸運動抑制 ロペラミド塩酸塩 ロペミン 
殺菌薬  ベルベリン塩化物水和物  キョウベリン 
ベルベリン塩化物水和物
ゲンノショウコエキス
フェロベリン

 

タンニン酸アルブミン(タンナルビン)作用機序・特徴

タンニン酸アルブミン(タンナルビン)作用機序・収斂作用とは?

タンニン酸アルブミン(タンナルビン)は収斂(しゅうれん)薬に分類されます。

タンニン酸アルブミンは腸管内の膵液によって分解され、徐々にタンニン酸が遊離されます。

タンニン酸が腸管内のたんぱく質と結合すると保護膜を作り、腸管粘膜を保護し、腸管の炎症を抑え、刺激から守ることで過剰な腸の運動を抑える作用があります。

牛乳アレルギーに禁忌

タンニン酸アルブミンは牛乳由来のアルブミン(乳性カゼイン)を使用しているため、牛乳アレルギーには禁忌となっています。

経口鉄剤(Fe)と併用禁忌(フェロミア・フェルム・フェログラデュメット・インクレミン)

タンニン酸が鉄と結合しタンニン酸鉄となってしまい相互に作用が低下するため、タンニン酸アルブミンの添付文書上では鉄剤とは併用禁忌となっています。

経口鉄剤一覧

  • フェロ・グラデュメット
  • フェロミア
  • フェルム
  • インクレミン

一方でこれらの鉄剤の添付文書ではタンニン酸アルブミンと禁忌になっておらず、
「タンニン酸を含有するもの」と併用注意となっています。

次硝酸ビスマス作用機序・特徴

次硝酸ビスマスの作用機序(収斂作用)

次硝酸ビスマスはは腸内のタンパク質と結合し皮膜を作り、腸への刺激を抑えることで二次的に蠕動を抑えます。(収れん作用)

また腸内での異常発酵により生じる「硫化水素」に結合し、無毒化する働きもあります。

精神神経系障害の副作用のため長期投与は避ける

ビスマス製剤では神経障害の副作用が現れることがあるため、 1ヶ月に20日程度の投与にとどめることとなっています。

ビスマス塩類(次硝酸ビスマス、次没食子酸ビスマス)1日3~20gの連続経口投与(1ヶ月~数年間)により、間代性痙れん、昏迷、錯乱、運動障害等の精神神経系障害(初期症状:不安、不快感、記憶力減退、頭痛、無力感、注意力低下、振せん等)があらわれたとの報告がある。これらの報告によれば、症状は投与中止後、数週間~数ヶ月で回復している。

引用元 次硝酸ビスマス「ニッコー」インタビューフォーム

 

天然ケイ酸アルミニウム(アドソルビン)作用機序・特徴

天然ケイ酸アルミニウム(アドソルビン)作用機序

天然ケイ酸アルミニウム(アドソルビン)は胃、腸管内における異常有害物質、過剰の水分、粘液などを吸着・除去し、有害物質が腸管から吸収されるのを防ぎ、下痢を抑えます。

また腸内でゲル化して腸粘膜を保護する作用もあるとされています。

アドソルビンの味・飲み方

アドソルビンの飲み方は薬局でも相談を受けるケースがあるのではないでしょうか。

アドソルビンは無味・無臭ですが、砂のようなザラザラした感覚が残り、とても飲みにくい薬です。

水には溶けず、ジュースに混ぜても飲みにくいため、アイスやヨーグルト、ゼリーに混ぜると相性がよいとされています。

食欲がなくアイスやゼリーの摂取が難しい場合は、水やぬるま湯に混ぜながら少しずつ飲ませてあげるのもよいでしょう。

天然ケイ酸アルミニウム(アドソルビン)との併用注意薬

天然ケイ酸アルミニウム(アドソルビン)は消化液や消化酵素も吸着することから、他の薬と併用する場合は基本的には1〜2時間は間隔をあける必要があります。

またニューキノロン系抗菌薬、テトラサイクリン系抗生物質とは「アルミニウム」によるキレート形成のため「併用注意」となっています。

透析患者には禁忌

透析患者に天然ケイ酸アルミニウム(アドソルビン)を長期投与するとアルミニウム脳症、アルミニウム骨症があらわれることがあるため、透析患者には禁忌となっています。

ロペラミド塩酸塩(ロペミン)作用機序・特徴

ロペラミド塩酸塩(ロペミン)作用機序

ロペラミド塩酸塩(ロペミン)は腸管に作用し、蠕動運動を抑えることで、腸管から水分の吸収を促進し、下痢や軟便を改善します。

ロペラミド塩酸塩(ロペミン)は腸壁内にあるオピオイドμ(ミュー)受容体に作用することでアセチルコリンの遊離を抑え、腸管の蠕動を抑えます。

蠕動運動を抑えることで、消化菅内容物と腸管粘膜との接触時間が延長され水分吸収を増やします。

また腸管粘膜での水分分泌も抑えます。

このように「腸管の運動異常」を是正し、下痢の原因である「腸管粘膜での水分の吸収・分泌異常」を改善するのがロペラミド塩酸塩(ロペミン)です。

眠気・めまいなどの副作用あり・車の運転は避けさせる

ロペラミド塩酸塩(ロペミン)では眠気・めまいの副作用があることから、
「自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないよう注意すること。」
とされています。

ベルベリン(キョウベリン錠)作用機序

ベルベリン(キョウベリン)は殺菌薬に分類される下痢止めです。

ベルベリン(キョウベリン)には下記のような働きがあります。

  1. 抗菌作用
    赤痢菌、チフス菌、ブドウ球菌、有害大腸菌などの腸内有害細菌への抗菌作用
  2. 腸内腐敗・醗酵抑制作用
    インドール、 スカトールなどの有害アミンの生成酵素に拮抗し腸内腐敗・発酵を抑制
  3. 蠕動抑制作用
    下痢時に亢進した蠕動運動を是正
  4. 胆汁分泌作用
    胆汁分泌促進により腸管内に脂肪が溜まるのを抑え、腸内細菌叢を正常に保持

ベルベリン・ゲンノショウコ(フェロベリン配合錠)作用機序・特徴

フェロベリン配合錠は殺菌薬に分類される下痢止めです。
ベルベリンに加えて生薬であるゲンノショウコが配合されています。

下記の作用があるとされています。

  1. 止しゃ作用(ベルベリン・ゲンノショウコ)
  2. 抗菌作用(ベルベリン・ゲンノショウコ)
  3. 腸管平滑筋収縮抑制作用(ベルベリン・ゲンノショウコ)
  4. 腸管ぜん動抑制作用(ベルベリン・ゲンノショウコはベルベリンの作用増大)
  5. 腸内腐敗・醗酵抑制作用(ベルベリン)
    大腸菌が作り出す有害物質(インドールなど)の産生抑制
  6. 胆汁分泌促進作用(ベルベリン・ゲンノショウコ)
  7. 収れん作用(ゲンノショウコ)
    タンニンによる保護膜によるもの

関連記事
整腸剤の一覧・使い分け・抗菌薬との併用【医療用医薬品】

この記事を書いた人

シナジーファルマ株式会社・伊川勇樹(いかわゆうき)

伊川 勇樹(いかわ ゆうき)

シナジーファルマ株式会社 代表取締役社長
薬剤師 経営管理学修士(MBA)

京都薬科大学卒。大手調剤DSチェーンにて店長、エリアマネージャーを経験後、名古屋商科大学院経営管理学修士課程にて2年間経営学を学び、経営管理学修士号(MBA)を取得。2013年4月にシナジーファルマ株式会社を設立。
「IT×薬剤師」で薬剤師業界の活性化のために日々奮闘中!!

この投稿者の最近の記事

薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」のFacebookページに「いいね!」をすると、現役薬剤師発の学術情報や新薬情報、最新の医療ニュースなどを受け取る事ができます。ぜひ、「いいね!」をよろしくお願いします。

  • 採用祝い金を申請する
  • 薬剤師採用担当者様への求人掲載案内
  • 薬剤師専門サイトのファーマシスタ運営会社 代表メッセージ
  • ハイクラス薬剤師求人紹介サービス
  • 薬剤師キャリア支援に申し込む
  • MRの方は必読のMRファーマシスト


お客様により安全にご利用いただけるように、求人応募の入力画面など個人情報を入力する画面では、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る