DPP4阻害薬一覧・作用機序・腎機能低下時の減量

2型糖尿病治療薬の中でも処方頻度が高いのが、単剤では低血糖が起こりにくいDPP-4阻害薬です。

DPP-4(Dipeptidyl Peptidase-4)は腸管から血中に分泌されるホルモンであるインクレチン(GLP-1,GIP)を分解する酵素のことです。

DPP-4阻害薬がどのように効果を示すのか作用機序と、日本で上市されているDPP-4阻害薬の一覧、腎機能低下時の減量の必要性について表にまとめました。

DPP4阻害薬・作用機序

膵β細胞からのインスリン分泌はグルコース刺激による「惹起経路(じゃっきけいろ)」と、食事によって腸管から血液中に分泌されるインクレチンによる「増幅経路」により調整されています。

インクレチンの働き

インスリンの分泌はインクレチンと呼ばれる腸管から分泌されるホルモンによって調節されています。

食事をとるとインクレチンであるグルカゴン様ペプチド1(glucagon-like peptide 1:GLP-1)及びグルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチド(glucose-dependent insulinotropic polypeptide:GIP)が分泌されて血糖値が上がりすぎないように、膵β細胞の受容体に作用してインスリンの分泌を増やし、肝臓でのグルコースの産生を抑えたり、筋肉などでのグルコースの取り込みを増やします。

このインスリン分泌経路のことを「増幅経路」といいます。

また、GLP-1やGIPといったインクレチンは血糖値を上昇させるグルカゴンの分泌を抑える働きもあります(主にGLP-1)。

このようにインクレチンによって血糖値の恒常性が維持されています。

インクレチンを分解する酵素DPP4を阻害

しかしインクレチンホルモンであるグルカゴン様ペプチド1(GLP-1)グルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチド(GIP)DPP4(ジペプチジルペプチダーゼ-4)という酵素によって急速に分解されてしまいます。

DPP4阻害薬の作用機序は名前の通りでインクレチンホルモン(GLP-1,GIP)を分解するDPP4の活性を阻害することで、インクレチンの分解を抑え、血糖値の上昇を抑えます。

DPP4阻害薬は低血糖が起こりにくい

DPP4阻害薬は「低血糖の副作用が起こりにくい」のが特徴です。

作用機序を考えれば分かるかと思いますが、インクレチンは食後など血糖値が上昇すると分泌され、インスリンの分泌を促します。

しかし空腹時の正常血糖状態ではインクレチンによるインスリンの分泌は促進されず、グルカゴン分泌を抑制しないため、DPP4阻害薬を単剤で服用しても低血糖が起こりにくいのです。

DPP4阻害薬一覧

用法・用量一覧

商品名 一般名 通常用法・用量
シタグリプチン
リン酸塩水和物
ジャヌビア
グラクティブ
1日1回50mg
Max100mg
ビルダグリプチン エクア 1日2回
1回50mg
アログリプチン
安息香酸塩
ネシーナ 1日1回25mg
リナグリプチン トラゼンタ 1日1回5mg
テネリグリプチン
臭化水素酸塩水和物
テネリア 1日1回20mg
Max40mg 
サキサグリプチン
水和物
オングリザ 1日1回5mg 
アナグリプチン  スイニー  1日2回
1回100mg
1回Max200mg 
トレラグリプチン
コハク酸塩
ザファテック  週1回100mg 
オマリグリプチン  マリゼブ  週1回25mg

 

半減期一覧

各インタビューフォームを参考に健康成人へ通常用量を単回投与した時の半減期をまとめました。

商品名 一般名 半減期 hr
シタグリプチン
リン酸塩水和物
ジャヌビア
グラクティブ
11.4±2.4
ビルダグリプチン エクア 1.77±0.23
アログリプチン
安息香酸塩
ネシーナ 17.1±2.0
リナグリプチン トラゼンタ 105±8.26
テネリグリプチン
臭化水素酸塩水和物
テネリア 24.2±5.0
サキサグリプチン
水和物
オングリザ 6.5±1.0
アナグリプチン  スイニー  二相性
2.02±0.208
6.20±3.11
トレラグリプチン
コハク酸塩
ザファテック  二相性
18.5±1.9

54.3±7.9
オマリグリプチン  マリゼブ  38.89

 

腎機能低下時とDPP4阻害薬

腎機能低下時にどれくらい減量が必要なのか、各添付文書より表にまとめました。

商品名
通常用量
腎不全 CrCl(ml/min)    
軽度
80〜50
中等度
50〜30 
重度
30〜15 
末期
15未満
ジャヌビア
グラクティブ
50mg分1
減量記載なし 25mg分1  12.5mg分1  
エクア 
100mg分2
減量記載なし 50mg分1  
ネシーナ 
25mg分1
減量記載なし 12.5mg分1 6.25mg分1 
トラゼンタ
5mg分1 
減量記載なし   
テネリア
20mg分1 
減量記載なし   
オングリザ 
5mg分1
減量記載なし 2.5mg分1  
スイニー 
200mg分2
減量記載なし  100mg分1 
ザファテック
100mg週1回 
減量記載なし 50mg週1回 禁忌  
マリゼブ 
25mg週1回
減量記載なし  12.5mg週1回 

この記事を書いた人

シナジーファルマ株式会社・伊川勇樹(いかわゆうき)

伊川 勇樹(いかわ ゆうき)

シナジーファルマ株式会社 代表取締役社長
薬剤師 経営管理学修士(MBA)

京都薬科大学卒。大手調剤DSチェーンにて店長、エリアマネージャーを経験後、名古屋商科大学院経営管理学修士課程にて2年間経営学を学び、経営管理学修士号(MBA)を取得。2013年4月にシナジーファルマ株式会社を設立。
「IT×薬剤師」で薬剤師業界の活性化のために日々奮闘中!!

この投稿者の最近の記事

薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」のFacebookページに「いいね!」をすると、現役薬剤師発の学術情報や新薬情報、最新の医療ニュースなどを受け取る事ができます。ぜひ、「いいね!」をよろしくお願いします。

  • 採用祝い金を申請する
  • 薬剤師採用担当者様への求人掲載案内
  • 薬剤師専門サイトのファーマシスタ運営会社 代表メッセージ
  • ハイクラス薬剤師求人紹介サービス
  • 薬剤師キャリア支援に申し込む
  • MRの方は必読のMRファーマシスト


お客様により安全にご利用いただけるように、求人応募の入力画面など個人情報を入力する画面では、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る