オラビ錠口腔用の薬剤情報・服薬指導の注意点

口腔カンジダに処方されるフロリードゲル経口用の成分であるミコナゾールに、2019年2月より新しい剤型が加わりました。

商品名はオラビ錠口腔用50mg
口腔内に1日1回貼るだけでOKです。
フロリードゲル経口用だと、1日4回服用しなければいけなかったことから、身体的負担の軽減に繋がることが期待されますね。

では、オラビ錠口腔用50mgの薬剤情報についてポイントをまとめていきます。

外用薬?内服薬?

オラビ錠口腔用50mgは口腔内貼付薬で外用薬の扱いとなります。
一方、フロリードゲルは内服薬の扱いとなります。

作用機序

真菌細胞膜の主要構成成分であるエルゴステロールの生合成を阻害

使い方

成人には1日1回、上顎歯肉犬歯窩)に付着。
原則として14日間投与

犬歯窩(読み方:けんしか)とは犬歯のある上側の歯茎にあるくぼみのこと。

使用前に歯磨きやうがいをして口の中を清潔にしておく。

刻印(Lの文字)のない方を上顎の歯肉に置いて、
上口唇の上から指で30秒押して付着させる。

付着後は飲食はOK
ただしガムやキャラメルなど歯茎にくっつく食べ物はさける。

次回使用時は左右の反対側の歯茎に置く。
前回使用分が歯茎に残っている場合は取り除くこと。

オラビ錠口腔用 使い方

併用禁忌・併用注意が多い

CYP3AとCYP2C9を阻害するため併用禁忌薬、併用注意薬が多くあり。

併用禁忌薬一覧

  • ワルファリンカリウム(商品名:ワーファリン)
  • ピモジド(商品名:オーラップ)
  • キニジン硫酸塩
  • トリアゾラム(商品名:ハルシオン)
  • シンバスタチン(商品名:リポバス)
  • アゼルニジピン(商品名:カルブロック)
  • ニソルジピン(商品名:バイミカード)
  • ブロナンセリン(商品名:ロナセン)
  • エルゴタミン酒石酸塩(商品名:クリアミン配合錠)
  • リバーロキサバン(商品名:イグザレルト)
  • アスナプレビル(商品名:スンベプラ)

調剤・服薬指導の注意点

  • そのまま飲み込んだり、なめたり、噛んだりしないこと。
  • 6時間以内にはがれた場合は、はがれたものを再度貼る。付着しない場合は新しいものを使用。
  • 6時間以上たっている場合は、翌日使用まで新しく使用しない。
  • のみこんでしまったらコップ1杯の水を摂取。特に心配ないことを説明。
  • 併用注意薬・併用禁忌薬が多いため調剤時に注意する。

関連記事
フロリードゲル(ミコナゾール)の使い方・味・併用禁忌薬は?

この記事を書いた人

伊川勇樹

伊川勇樹(いかわゆうき)

シナジーファルマ株式会社 代表取締役
薬剤師

2006年 京都薬科大学 薬学部卒。

調剤併設ドラッグストアのスギ薬局に新卒で入社。
調剤部門エリアマネージャーを経験後、名古屋商科大学院経営管理学修士課程にて2年間経営学を学び、経営管理学修士号(MBA)を取得。
2013年4月、シナジーファルマ株式会社を設立。
2013年8月、薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」をリリース。

「インターネットをつうじて薬学業界の発展と地域医療の活性化に貢献する」
というミッションのもと「薬剤師」と「ITベンチャー経営者」の二刀流で日々奮闘中。

1983年岡山県倉敷中央病院で生まれ、水の都である愛媛県西条市で育つ。
大学より京都、大阪で14年間過ごし、現在は沖縄県民。
1歳の息子と妻の3人家族。

当面の目標は、
「息子の成長スピードに負けないこと」

座右の銘は、
「まくとぅそうけい なんくるないさ」
=「誠実に心をこめて努力をしていたら、なんとかなる!!」

記事作成のサイトポリシーについてはコチラ

この投稿者の最近の記事

「伊川勇樹」のすべての投稿記事を見る>>

薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」のFacebookページに「いいね!」をすると、薬剤師が現場で活躍するために役立つ情報を受け取ることができます。ぜひ「いいね!」をよろしくお願いします。


お客様により安全にご利用いただけるように、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る