フロリードゲル(ミコナゾール)の使い方・味・併用禁忌薬は?

口腔カンジダ症・食道カンジダ症治療薬であるフロリードゲル(成分名:ミコナゾール)。

フロリードゲルは口腔カンジダ症か、食道カンジダ症かで使い方が異なってきますので、服薬指導の前に、症状は「口の中」なのか「食道」なのか、あるいは「両方」なのか確認する必要があります。

チューブで処方されますので外用薬のように感じますが「内服薬」扱いになります。
色は白色~微黄白色の糊状で、味はわずかに甘い薬剤となっています。

それではそれぞれの使い方について説明していきます。

口腔カンジダ症の使い方・塗り方


①しっかりうがいをし、口の中を綺麗にする


②薬剤の服用
直接チューブのまま服用
or
スプーンにいれて服用
or清潔な指につけて服用

以上の3通りの服用方法があります。

③口の中に広げる
舌でまんべんなく口の中で広げます。がまんできる限りできるだけ長く口に含んだ後、飲み込みます。

④服用後一時間は飲食やうがい、歯磨きなどしないように注意

添付文書には、①のうがいや、④の服用後の注意についての記載がないため、メーカーの指導せんを用意することをオススメします。

食道カンジダ症の使い方・飲み方

①しっかりうがいをし、口の中を綺麗にする

②薬剤の服用
直接チューブのまま服用orスプーンにいれて服用or清潔な指につけて服用の三通りの服用方法があります。

③口の中で含んだあと嚥下
5分ほど口の中に含んだ後、ゆっくりと飲みこみます。

④服用後一時間は飲食やうがい、歯磨きなどしないように注意

 

フロリード(ミコナゾール)と併用禁忌の薬剤は?

フロリード(ミコナゾール)はCYP3A4・2c9を強力に阻害するため、併用禁忌薬が多くありますので注意が必要です。

・オーラップ(成分名:ピモジド)
⇒QT延長、心室性不整脈

・硫酸キニジン(成分名:キニジン)
⇒QT 延長等

・ハルシオン(成分名:トリアゾラム)
⇒トリアゾラムの作用の増強・作用時 間の延長

・リポバス(成分名:シンバスタチン)
⇒横紋筋融解症

・カルブロック(成分名:アゼルニジピン)
⇒アゼルニジピンの作用の増強・作用 時間の延長

・バイミカード(成分名:ニソルジピン)
⇒ニソルジピンの作用の増強・作用時間の延長

・ロナセン(成分名:ブロナンセリン)
⇒ブロナンセリンの作用の増強・作用時間の延長

・クリアミン(成分名:エルゴタミン酒石酸塩)
⇒血管攣縮等

・イグザレルト(成分名:リバーロキサバン)
⇒出血

・スンベプラ(成分名:アスナプレビル)
⇒肝臓に関連した有害事象

ワルファリンカリウム(商品名:ワーファリン)
⇒ワルファリンの作用が増強 
併用が分かった場合はワルファリンを優先する
※2016年10月より禁忌に追加されました。

また禁忌ではないですが、経口血糖薬(グリベンクラミド、グリクラジド、アセトヘキサミドなど)に関しても併用することで血中濃度が上昇し副作用が増強する可能性があるため慎重投与となっています。

この記事を書いた人

伊川勇樹

伊川勇樹(いかわゆうき)

シナジーファルマ株式会社 代表取締役
薬剤師

2006年 京都薬科大学 薬学部卒。

調剤併設ドラッグストアのスギ薬局に新卒で入社。
調剤部門エリアマネージャーを経験後、名古屋商科大学院経営管理学修士課程にて2年間経営学を学び、経営管理学修士号(MBA)を取得。
2013年4月、シナジーファルマ株式会社を設立。
2013年8月、薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」をリリース。

「インターネットをつうじて薬学業界の発展と地域医療の活性化に貢献する」
というミッションのもと「薬剤師」と「ITベンチャー経営者」の二刀流で日々奮闘中。

1983年岡山県倉敷中央病院で生まれ、水の都である愛媛県西条市で育つ。
大学より京都、大阪で14年間過ごし、現在は沖縄県民。
1歳の息子と妻の3人家族。

当面の目標は、
「息子の成長スピードに負けないこと」

座右の銘は、
「まくとぅそうけい なんくるないさ」
=「誠実に心をこめて努力をしていたら、なんとかなる!!」

記事作成のサイトポリシーについてはコチラ

この投稿者の最近の記事

「伊川勇樹」のすべての投稿記事を見る>>

薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」のFacebookページに「いいね!」をすると、薬剤師が現場で活躍するために役立つ情報を受け取ることができます。ぜひ「いいね!」をよろしくお願いします。


お客様により安全にご利用いただけるように、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る