調剤事務さんのピッキングが解禁に!!

「調剤業務のあり方について」が2019年4月2日に厚生労働省より発表され、
薬剤師の責任のもと、調剤事務員さんの「ピッキング行為」が正式に認められるようになりました。

詳細はこちらをご確認ください
調剤業務のあり方について(薬生総発 0402第1号)

調剤事務が行えること

今回の通知によって調剤事務さんがやっていいこと、やってはいけないことをまとめました。

  • 包装された状態(PTPなど)でのピッキング:OK
  • 半錠をつくる:NG 
  • 粉薬・水剤・軟膏の計量or混合:NG
  • 一包化:NG
  • 薬剤師監査の前に一包化した薬剤の数量確認:OK
  • 医薬品を棚におさめる:OK
  • 調剤済みの薬をカレンダーに設置:OK
  • 服薬指導済みの不足薬の配達:OK

これらは薬剤師の目が届く範囲の場所であること患者に危害が及ばないこと機械的な作業であることが条件となっています。

また実施にあたっては、薬局開設者が手順書の作成薬事衛生上必要な研修などをを講じることと記されています。

今後考えられる変化

  • 薬剤師1人あたり40枚ルールの見直し
    →上限の撤廃orハードルが上がる
  • 調剤料の減額
  • 調剤事務員と薬剤師との連携がさらに重要になる
  • 調剤事務員の採用と教育を強化する薬局が増える
  • 薬剤師のピッキング作業の負担が減る分、薬学的管理・患者支援への負担が増える
    →あるべき姿になる
  • 調剤のスピードだけが取り柄の薬剤師は淘汰される
    →あるべき姿になる
  • 薬剤師の超売り手市場が崩れてくる

といったことが予想されます。

薬剤師の「作業」としての負担は減り、薬学的な管理の負担や責任は増えますが、これからますます薬剤師のやりがいが増えてくる前向きな変化だと私は考えています。

「薬剤師の仕事が奪われる・・・。」
「薬剤師の給料が下がる・・・。」
「調剤報酬も下がることで薬局の収益も下がる・・。」
などといった悲観的な声もあります。

たしかに薬局の保険調剤での売り上げは、調剤料が下がることで落ちてくるのは間違いないでしょう。
1日あたり20〜30名の患者さんが来られる薬局だと、保険調剤だけでの運営では厳しくなるかもしれません。

逆に、今まで調剤室に薬剤師しか入れなかった薬局や、薬剤師が調剤の「作業」に追われている薬局では大きなチャンスですね。

調剤事務さんや薬剤師が活躍できるように人材を育成し、人員配置を見直し、販売管理費を上手くコントロールできれば、理想的な薬局経営ができるチャンスだと思いますし、薬局経営者の手腕がますます問われる時代になってくるのではないでしょうか。

この記事を書いた人

伊川勇樹

伊川勇樹(いかわゆうき)

シナジーファルマ株式会社 代表取締役
薬剤師

2006年 京都薬科大学 薬学部卒。

調剤併設ドラッグストアのスギ薬局にて店長、調剤部門エリアマネージャーを経験後、名古屋商科大学院経営管理学修士課程にて2年間経営学を学び、経営管理学修士号(MBA)を取得。
2013年4月、シナジーファルマ株式会社を設立。
2013年8月、薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」をリリース。

「インターネットをつうじて薬学業界の発展と地域医療の活性化に貢献する」
というミッションのもと「薬剤師」と「ITベンチャー経営者」の二刀流で日々奮闘中。

1983年岡山県倉敷中央病院で生まれ、水の都である愛媛県西条市で育つ。
大学より京都、大阪で14年間過ごし、現在は沖縄県民。
一児の父親。

記事作成のサイトポリシーについてはコチラ

この投稿者の最近の記事

薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」のFacebookページに「いいね!」をすると、薬剤師が現場で活躍するために役立つ情報を受け取ることができます。ぜひ「いいね!」をよろしくお願いします。


お客様により安全にご利用いただけるように、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る