免疫抑制薬と免疫調整薬の服薬指導ポイント【csDMARDs一覧】

関節リウマチの治療薬は「Disease Modifying Anti-Rheumatic Drugs」の頭文字をとって、

DMARDs(読み方:ディーマーズ)」

と呼ばれます。

その中でも経口薬は、
csDMARDs
cs = conventional synthetic(従来型のという意味)
といわれます。

csDMARDsは大きく免疫抑制薬免疫調整薬に分けられます。

これらの薬剤の特徴と薬局で薬剤師が注意することについて、メモ書きとして残しておきたいと思います。
服薬指導にも役立つ情報になれば幸いです。

生物学的製剤(bDMARDs)はこちらにまとめています。

関連記事
「抗リウマチ薬」生物学的製剤・bDMARDs一覧・作用機序

免疫抑制剤と免疫調整剤

免疫抑制薬と免疫調整薬の一覧です。
薬歴には時間短縮のためにも略号での記載がオススメです。

免疫抑制薬

  • メトトレキサートMTX
    先発商品名:リウマトレックス
  • タクロリムスTAC
    先発商品名:プログラフ
  • ミゾリビンMZR
    先発商品名:プレディニン

免疫調整薬

  • サラゾスルファピリジンSASP
    先発商品名:アザルフィジン
  • ブシラミンBUC
    先発商品名:リマチル
  • イグラチモドIGU
    先発商品名:ケアラム・コルベット

 

【免疫抑制薬】メトトレキサートMTX

関節リウマチのアンカードラッグに位置付けられる。
効果発現まで4〜8週間要する場合がある。
週1〜2回の間欠投与。
5〜6日の休薬が必須のため、毎日投与の処方の場合は疑義照会が必要。

葉酸拮抗薬。
口内炎、悪心などの消化器障害、肝障害などの副作用防止のために24時間〜48時間の間隔をあけてフォリアミンが投与されることがある。
葉酸を含むサプリメントは避ける。
ただし食事からの葉酸摂取は問題ない。

妊娠中には禁忌。

週に1〜2日の服用のため飲み忘れがある患者が多い。
そのため予め飲み忘れの対応を主治医と決めておくのが良い。
(通常飲み忘れ時は飛ばして次回から正しい用量で服用)

薬局では腎機能・肝機能の経過、
咳・発熱などの感染症の有無の確認。

食道に停滞すると潰瘍を起こす可能性があるため就寝前は避けて多めの水(コップ1杯の水)で服用。
できる限り禁酒。
内服当日だけでもお酒は避けるよう指導。
脱水で副作用が出やすくなるので、夏・冬問わずにこまめな水分補給を指導。

関連記事
メトトレキサートとフォリアミン(葉酸)の併用理由・間隔・薬局での注意点

【免疫抑制薬】タクロリムスTAC

T細胞に作用し、TNF-α、IL-1,2,6、INF-αなどのサイトカイン産生を抑制。
MTXのような核酸合成阻害薬ではない。
関節リウマチには「既存治療で効果不十分な場合」に限定。
通常は1日1回夕食後の投与。

効果発現まで4〜8週間を要する場合がある。

妊婦には禁忌。
グレープフルーツ、セイヨウオトギリソウと併用注意。
CYP3A4で代謝、CYP3A4を誘導する薬剤との併用に注意。

【免疫調整薬】ブシラミンBUC

免疫機能(リンパ球など)に働き、免疫が亢進している時は抑制し、免疫が低下している時は増強する働きをする。
関節の腫れ炎症を抑える。

効果発現は1〜3ヶ月を要する場合がある。
新規処方時には「すぐには効果を実感できない」と説明しないといけない。

SH基を有するため卵の腐ったような独特の匂いがある。
先発品のリマチルだとコーティングされて匂いが感じにくいが、ジェネリックでは匂いが気になる方もいるためジェネリックへの変更は慎重に。

皮膚障害、胃腸障害、肝・胆道系障害の副作用は服用後3ヶ月以内に多いため飲み始めは特に副作用を観察を。
尿蛋白がでる場合は薬剤中止となるので定期的な尿検査が必要。

【免疫調整薬】サラゾスルファピリジンSASP

免疫を正常に近づけていくため効果発現まで1〜2ヶ月を要する場合がある。
新規処方時には「すぐには効果を実感できない」と説明しないといけない。

皮膚障害、胃腸障害、肝・胆道系障害、血液障害の副作用は服用後3ヶ月以内に多いため飲み始めは特に副作用を観察を。

【免疫調整薬】イグラチモドIGU

Bリンパ球に直接作用し、免疫グロブリン(IgG、IgM)の産生を抑制し、また単球/マクロファージに作用し、TNFα、IL‒1β、IL‒6 などの炎症性サイトカインの産生を抑制。
免疫抑制薬に比べてリンパ球の増殖抑制作用が弱いことから免疫調整薬に位置付けられる。

ワルファリンと禁忌。
妊婦に禁忌。

肝機能検査を投与前、投与中は定期的に行う必要がある。

この記事を書いた人

伊川勇樹

伊川勇樹(いかわゆうき)

シナジーファルマ株式会社 代表取締役
薬剤師

2006年 京都薬科大学 薬学部卒。

調剤併設ドラッグストアのスギ薬局にて店長、調剤部門エリアマネージャーを経験後、名古屋商科大学院経営管理学修士課程にて2年間経営学を学び、経営管理学修士号(MBA)を取得。
2013年4月、シナジーファルマ株式会社を設立。
2013年8月、薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」をリリース。

「インターネットをつうじて薬学業界の発展と地域医療の活性化に貢献する」
というミッションのもと「薬剤師」と「ITベンチャー経営者」の二刀流で日々奮闘中。

1983年岡山県倉敷中央病院で生まれ、水の都である愛媛県西条市で育つ。
大学より京都、大阪で14年間過ごし、現在は沖縄県民。
一児の父親。

記事作成のサイトポリシーについてはコチラ

この投稿者の最近の記事

「伊川勇樹」のすべての投稿記事を見る>>

薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」のFacebookページに「いいね!」をすると、薬剤師が現場で活躍するために役立つ情報を受け取ることができます。ぜひ「いいね!」をよろしくお願いします。


お客様により安全にご利用いただけるように、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る