JAK阻害薬一覧・作用機序・服薬指導のポイント(ゼルヤンツ・オルミエント)

関節リウマチに処方されるDMARDは大きく下記の3つに分類されます。

  • 従来型抗リウマチ薬
    (csDMARD)
  • 分子標的型抗リウマチ薬
    (tsDMARD)
  • 生物学的製剤
    (bDMARD)

それぞれに該当する主な薬剤は下記のとおりです。

分類  主な薬剤名
一般名
従来型 
csDMARD  
免疫抑制薬
  • リウマトレックス
    メトトレキサート
  • プレディニン
    ミゾリビン
  • プログラフ
    タクロリムス
免疫調整薬
  • アザルフィジンEN
    サラゾスルファピリジン
  • リマチル
    ブシラミン
  • ケアラムコルベット
    イグラチモド
分子標的型
tsDMARD
JAK阻害薬
  • ゼルヤンツ
    トファシチニブ
  • オルミエント
    バリシチニブ
生物学的製剤
bDMARD  
IL-6阻害薬
  • アクテムラ
    トシリズマブ
TNF阻害薬 
  • レミケード
    インフリキシマブ
  • エンブレル
    エタネルセプト
  • ヒュミラ
    アダリムマブ
  • シムジア
    セルトリズマブペゴル
  • シンボニー
    ゴリムマブ
T細胞調整薬
  • オレンシア
    アバタセプト

分子標的型抗リウマチ薬であるJAK阻害薬について、どのような作用機序で効果を発揮するのか、まとめていきたいと思います。

JAK(ジャック)とは?働き

JAK阻害薬について解説する前に、そもそもJAK(ジャック)がどのような働きをするのか説明していきます。

JAKとはヤヌスキナーゼJanus Kinase)の略語で、JAKは関節リウマチの原因となるIFNやILなどの炎症性サイトカインのシグナル伝達に関わる細胞内分子です。

下記の図のように炎症性サイトカインが免疫細胞の表面にあるサイトカイン受容体に結合すると、JAKによって細胞核へシグナル伝達が行われ、さらに炎症性サイトカインが産生されます。

この炎症性サイトカインのシグナル伝達に関わる経路がJAK経路(JAKPathway:ジャックパスウェイ)です。


炎症性サイトカインがサイトカイン受容体に結合した後、シグナルが伝達されるメカニズムの詳細は下記のとおりです。
(こちらは深く知りたい方のみお読みください)

  1. 炎症性サイトカインが免疫細胞表面のサイトカイン受容体に結合
  2. JAKにATPが結合
  3. サイトカイン受容体の細胞内ドメインがリン酸化
  4. リン酸化された細胞内ドメインにSTAT(スタット)が会合しリン酸化される
  5. STATが二量体を形成
  6. 二量体を形成したSTATが細胞核に移行し炎症性サイトカインの転写を促進

JAKが関与する炎症性サイトカイン

関節リウマチの原因となる炎症性サイトカインでJAKがシグナル伝達に関わるものは下記のとおりです。

  • IFN-α、β
  • IL-6,7,10,12,1521,23

関節リウマチの患者さんではこれらの炎症性サイトカインが過剰に分泌された状態になっています。

JAK阻害薬作用機序

JAK阻害薬は炎症性サイトカインのシグナル伝達に関わるJAKの働きを阻害することで、関節リウマチの原因となる炎症性サイトカインの異常な産生を抑えます。

より細かいメカニズムについて解説していきます。

免疫細胞の表面に存在するサイトカイン受容体に炎症性サイトカインが結合すると、JAKにATPが結合しシグナル伝達がスタートします。(詳細は上記のJAKの働きを参照)

JAK阻害薬はJAKのATP結合部位に結合することでATPがJAKに結合するのを阻害し、炎症性サイトカインのシグナル伝達をシャットダウンさせるのです。

 

生物学的製剤(bDMARD)との違い

TNF阻害薬やIL-6阻害薬といった生物学的製剤(bDMARD)は、免疫細胞外で炎症性サイトカインがサイトカインに結合するのをブロックします。(上記図参照)

一方、JAK阻害薬は生物学的製剤と異なり低分子であり、細胞膜を通過し免疫細胞の中に入り込み、免疫細胞内で炎症性サイトカインのシグナル伝達に関わる細胞内分子であるJAKを阻害します。

JAK阻害薬は特定の分子であるJAKを阻害することから分子標的型抗リウマチ薬tsDMARD)に分類されます。

JAK阻害薬一覧・標的の違い

JAKには下記の4つが存在します。

  • JAK1
  • JAK2
  • JAK3
  • tyrosine kinase2(Tyk2)

JAK阻害薬の中でも標的に違いがあります。

商品名 ゼルヤンツ錠 オルミエント錠
一般名 トファシチニブ バリシチニブ
作用機序 JAK阻害
JAK1,2,3阻害
JAK阻害
JAK1,2阻害
用法・用量 1回5mg1日2回 1回4mg1日1回

サイトカイン受容体には2分子以上のJAKが会合し活性化されますが、JAKの組み合わせによって関与する炎症性サイトカインが異なります。

組み合わせ 炎症性サイトカイン 
JAK1
JAK3
IL7,IL15,IL21等
JAK1
JAK2
IL-6等 

 

服薬指導での注意点

共通

  • 感染症(結核、肺炎、敗血症)に注意
    発熱、咳、息苦しさなどあれば市販薬で対応せず主治医に要相談
  • 帯状疱疹があれば受診勧告
    帯状疱疹の頻度(承認時)ゼルヤンツ11.9%(427例中)オルミエント8.2%(514例中)

ゼルヤンツ

  • CYP3A4で主に代謝されるためCYP3A4阻害・誘導剤とは併用注意
    グレープフルーツクラリスロマイシンは特に注意

参照
ゼルヤンツ錠インタビューフォーム
オルミエント錠インタビューフォーム

この記事を書いた人

シナジーファルマ株式会社・伊川勇樹(いかわゆうき)

伊川 勇樹(いかわ ゆうき)

シナジーファルマ株式会社 代表取締役社長
薬剤師 経営管理学修士(MBA)

京都薬科大学卒。大手調剤DSチェーンにて店長、エリアマネージャーを経験後、名古屋商科大学院経営管理学修士課程にて2年間経営学を学び、経営管理学修士号(MBA)を取得。2013年4月にシナジーファルマ株式会社を設立。
「IT×薬剤師」で薬剤師業界の活性化のために日々奮闘中!!

この投稿者の最近の記事

薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」のFacebookページに「いいね!」をすると、現役薬剤師発の学術情報や新薬情報、最新の医療ニュースなどを受け取る事ができます。ぜひ、「いいね!」をよろしくお願いします。

  • 採用祝い金を申請する
  • 薬剤師採用担当者様への求人掲載案内
  • 薬剤師専門サイトのファーマシスタ運営会社 代表メッセージ
  • ハイクラス薬剤師求人紹介サービス
  • 薬剤師キャリア支援に申し込む
  • MRの方は必読のMRファーマシスト


お客様により安全にご利用いただけるように、求人応募の入力画面など個人情報を入力する画面では、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る