【相互作用に注意】セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)含有食品って何?って聞かれませんか?

 セントジョーンズワート含有食品は避けて下さい」
「セイヨウオトギリソウと飲み合わせが悪い理由は?」

薬情などでよく記載される文面なので、セントジョーンズワート(SJW)を含む食品について薬局で患者さんから質問を受ける事があるかと思います。

セントジョーンズワート含有食品や、問題となる薬との相互作用についてまとめてみました。

セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)を含む食品

含有食品って??食品って何??

セントジョーンズワート(SJW)はセイヨウオトギリソウと言われ、日本においては、薬事法上、薬効を標榜しない限りは「食品」扱いとされ、ハーブサプリメントとして販売されています。

そのため、添付文書では「セントジョーンズワート含有食品」と記載されているのです。

セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)の薬物相互作用の原因

セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)は、

「気持ちが楽になる」
「リラックスする」

などの目的で摂取されていますが、エビデンスが不明確のため、薬理作用には深くは触れませんが、薬剤師としてセントジョーンズワートの一番の注意点、押さえておく事は、 なんといっても薬物相互作用です。

相互作用の原因となるSJWの特徴に、

・CYPを誘導(主に3A4)
・セロトニン取り込み阻害
・P糖蛋白(P-gp)誘導

が挙げられます。 

セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)の薬物相互作用一覧

下記にセイヨウオトギリソウと相互作用のある代表的な薬物を表にしました。

全てではありませんが、少しでも参考になれば幸いです。

成分名 併用による効果 理由
ワルファリンカリウム 減弱 CYP誘導
シクロスポリン 減弱 CYP誘導
タクロリムス 減弱 CYP誘導
テオフィリン 減弱 CYP誘導
ジゴキシン 減弱 P糖タンパク誘導
パロキセチン
塩酸セルトラリン
などのSSRI
副作用増強 セロトニン取り込み阻害
ミルタザピン 副作用増強 セロトニン取り込み阻害

 

患者さんに「セントジョーンズワート含有食品って??」と聞かれた場合は、サプリメントやハーブ(お茶も含む)の摂取の有無を確認しましょう。

摂取がなければ、「通常の食生活では問題ない」とお伝えしてよいと思います。

この記事を書いた人

伊川勇樹

伊川勇樹(いかわゆうき)

シナジーファルマ株式会社 代表取締役
薬剤師

2006年 京都薬科大学 薬学部卒。

調剤併設ドラッグストアのスギ薬局に新卒で入社。
調剤部門エリアマネージャーを経験後、名古屋商科大学院経営管理学修士課程にて2年間経営学を学び、経営管理学修士号(MBA)を取得。
2013年4月、シナジーファルマ株式会社を設立。
2013年8月、薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」をリリース。

「インターネットをつうじて薬学業界の発展と地域医療の活性化に貢献する」
というミッションのもと「薬剤師」と「ITベンチャー経営者」の二刀流で日々奮闘中。

1983年岡山県倉敷中央病院で生まれ、水の都である愛媛県西条市で育つ。
大学より京都、大阪で14年間過ごし、現在は沖縄県民。
1歳の息子と妻の3人家族。

当面の目標は、
「息子の成長スピードに負けないこと」

座右の銘は、
「まくとぅそうけい なんくるないさ」
=「誠実に心をこめて努力をしていたら、なんとかなる!!」

記事作成のサイトポリシーについてはコチラ

この投稿者の最近の記事

「伊川勇樹」のすべての投稿記事を見る>>

薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」のFacebookページに「いいね!」をすると、薬剤師が現場で活躍するために役立つ情報を受け取ることができます。ぜひ「いいね!」をよろしくお願いします。


お客様により安全にご利用いただけるように、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る