ヒルドイドソフト軟膏とヘパリン類似物質油性クリームの基剤


ヒルドイドソフト軟膏のジェネリック医薬品はヘパリン類似物質油性クリームになっているけど、ソフト軟膏油性クリームって基剤に違いがあるの?

新人薬剤師や患者さんからもこのような質問を受けることがあるかもしれません。

「ソフト軟膏」は、ヒルドイドの販売元であるマルホさんがつけた名前で、メーカーによって呼び方が違うだけで先発品も後発品も油中水型クリーム(油成分の中に水成分が細かい粒子として浮遊しているタイプ)に分類されるのです。

ヘパリン類似物質関連は一般名処方で調剤ミスが多く報告されていますので、
基剤の種類、調剤時の注意点について解説していきます。

基剤の種類

外用剤である、軟膏、クリーム、ローションは基剤によってさらに分けることができます。

  1. 油脂性軟膏(ワセリンベース)
  2. 水溶性軟膏(マクロゴール)
  3. クリーム(油中水型 W/O型
  4. クリーム(水中油型 O/W型
  5. ローション(乳剤性)
  6. ローション(溶液性)
  7. フォーム(液剤)

 

1から7の順で、

  • 被膜性
    →弱くなる
  • 展延性
    →よくなる
  • べたつき
    →少なくなる
  • 皮膚刺激
    →強くなる

となります。

クリームには油中水型(W/O型)と水中油型(O/W型)があり、
油中水型ヒルドイドソフト軟膏ヘパリン類似物質油性クリーム)、水中油型ヒルドイドクリームとなります。

油中水型(W/O型)は油性成分が水性成分を取り囲んだ状態になっており、ヒルドイドソフト軟膏は水中油型クリームであるヒルドイドクリームに比べて被膜性が高くしっとりするのが特徴です。

ヒルドイドソフト軟膏の一般名

ヒルドイドソフト軟膏もヒルドイドクリームも、どちらもクリーム(乳状型軟膏)で、一般名は下記のように区別されています。

【一般名】ヘパリン類似物質軟膏
先発 ヒルドイドソフト軟膏
後発 ヘパリン類似物質油性クリーム
【一般名】ヘパリン類似物質クリーム
先発 ヒルドイドクリーム
後発 ビーソフテンクリーム・ヘパリン類似物質クリーム

薬局でも調剤ミスが多いので、一般名の場合は特に注意しなければいけません。

基剤別ヒルドイドの分類

基剤 商品名
クリーム
油中水型 
W/O型
ヒルドイドソフト軟膏
ヘパリン類似物質油性クリーム「各種」
クリーム
水中油型 
O/W型
ヒルドイドクリーム
ビーソフテンクリーム
ヘパリン類似物質クリーム「各種」
ローション
乳剤性
ヒルドイドローション
ローション
溶液性
ヘパリン類似物質ローション「各種」
ビーソフテンローション

 

この記事を書いた人

伊川勇樹

伊川勇樹(いかわゆうき)

シナジーファルマ株式会社 代表取締役
薬剤師

2006年 京都薬科大学 薬学部卒。

調剤併設ドラッグストアのスギ薬局にて店長、調剤部門エリアマネージャーを経験後、名古屋商科大学院経営管理学修士課程にて2年間経営学を学び、経営管理学修士号(MBA)を取得。
2013年4月、シナジーファルマ株式会社を設立。
2013年8月、薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」をリリース。

「インターネットをつうじて薬学業界の発展と地域医療の活性化に貢献する」
というミッションのもと「薬剤師」と「ITベンチャー経営者」の二刀流で日々奮闘中。

1983年岡山県倉敷中央病院で生まれ、水の都である愛媛県西条市で育つ。
大学より京都、大阪で14年間過ごし、現在は沖縄県民。
一児の父親。

記事作成のサイトポリシーについてはコチラ

この投稿者の最近の記事

「伊川勇樹」のすべての投稿記事を見る>>

薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」のFacebookページに「いいね!」をすると、薬剤師が現場で活躍するために役立つ情報を受け取ることができます。ぜひ「いいね!」をよろしくお願いします。


お客様により安全にご利用いただけるように、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る