トラムセット(トアラセット)の悪心・嘔吐と制吐剤併用の注意点

こんにちは。
メディカルライターの今井です。

トラマドールアセトアミノフェンの配合錠であるトラムセット配合錠(後発品:トアラセット)。

トラマドールの副作用である悪心・嘔吐の防止目的に制吐剤が併用されるケースがありますが、
薬剤師はどのようなことに注意しなければいけないでしょうか?

私が経験した実際の処方を事例に考えていきたいと思います。

トラムセット(トアラセット)に制吐剤が併用される事例

以前から当薬局に来局されている60台女性。

腰部の痛みが強く、門前病院ではない処方でプレガバリン(商品名:リリカ)、ノイロトロピン錠を服用されていました。
服用しても腰部の痛みの訴えは続いており、リリカを増量すると傾眠、ふらつきの副作用が強く出てしまったため現状以上には増量できません。

今回受診時に、トラマドール・アセトアミノフェン配合錠(商品名:トラムセット配合錠)に、悪心・嘔吐の副作用予防にD2受容体拮抗薬のプロクロルペラジン(商品名:ノバミン錠)処方されました。

【追加処方】
Rp1
【一般名】トラマドール塩酸塩・アセトアミノフェン配合錠 3錠
【一般名】プロクロルペラジンマレイン酸塩5mg  3錠
1日3回毎食後 14日分      

 

この時、残念ながらノバミン錠の在庫が薬局になかったのですが、幸い近くに住んでいる方だったので近隣の店舗から分譲を行い、当日中にトラムセット配合錠と一緒に服用を開始することができました。

トラマドールによる悪心・嘔吐の副作用は服用開始後3〜7日で耐性ができて、軽減することが多いため、通常は1〜2週間後には制吐薬はストップされる傾向にあります。

そのため次回はノバミン錠は処方されないだろうと考え、在庫として注文はしませんでした。

しかしこの目論見は外れてしまい、次の来局時にもトラムセット配合錠とともにノバミン錠も処方されていました。

在庫不足で2度同じ患者さんに迷惑をかけてしまうことが頭をよぎり、冷や汗をかきました。

しかし、この2つの基本的なことを思い返しました。

  1. トラマドールの悪心・嘔吐の副作用は通常は3〜7日で耐性ができること
  2. 制吐薬であるD2受容体拮抗薬は錐体外路障害の副作用防止のため必要最低限に留めること

患者さんにトラムセット配合錠を服用開始後、痛みの状態や吐き気の副作用が出ていないかどうかを確認したところ、

「吐き気は飲み始めてから全く起こっていないですよ。」

と言われたため、ノバミン錠は医師に疑義照会をして確認の上削除してもらいました。

再び在庫不足で患者さんに迷惑をかけなくて済み、なおかつ副作用防止の観点からも無駄な薬剤の投与を防げた事例でした。

その後の経過ですが、トラムセット配合錠開始により腰部痛みの訴えも減っていますが、便秘の副作用が出てしまったため、併用していたセンノシド錠を2錠から3錠に増量することになりましたが、現在も服用を継続されています。

トラマドールの便秘の副作用については耐性が形成されることはまれなので、便秘に悩まされる方が多いですね。

トラムセット(トアラセット)に併用される制吐剤

今回の事例の他にトラマドールの悪心・嘔吐に処方される代表的な制吐剤として、

  • メトクロプラミド(商品名:プリンペラン
  • ドンペリドン(商品名:ナウゼリン

があります。

どちらも上部消化管延髄CTZD2受容体に拮抗することで胃腸運動を調節したり吐き気を抑える作用があります。

しかし長期投与によって錐体外路症状内分泌機能異常の副作用が問題となることから、必要最低限の処方にしてもらわなければいけません。

トラムセット(トアラセット)の悪心・嘔吐の副作用は服用開始後1週間程度で耐性が形成されることからも、漫然と制吐剤が処方されている場合は本当に必要かどうかを確認しなければいけませんね。

D2受容体拮抗薬の錐体外路症状についてはこちらにまとめられています。

関連記事
メトクロプラミドとドンペリドンの作用機序・違い・調剤時の注意点

まとめ

 

  • トラマドールによる悪心・嘔吐は服用開始後3〜7日で耐性ができ軽減される。
  • 悪心・嘔吐防止目的で制吐剤の処方が続く場合は、患者に悪心・嘔吐の状況を確認し不要なら疑義照会を行う。
  • D2受容体拮抗薬は錐体外路症状や内分泌機能異常の副作用の観点からも必要最低限に抑える。
  • 便秘の副作用は耐性が出ないため、継続的な下剤の処方が必要な場合がある。

この記事を書いた人

今井雄基

今井雄基(いまいゆうき)

株式会社倉敷健康企画
管理薬剤師 認定実務実習指導薬剤師
岡山県出身

実習先の薬局で在宅医療に興味を持ちそのまま就職、2009年より現職。
調剤、在宅医療、OTCなど地域密着薬局での経験を元に現場に役立つ情報を発信してまいります。

記事作成のサイトポリシーについてはコチラ

この投稿者の最近の記事

「今井雄基」のすべての投稿記事を見る>>

薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」のFacebookページに「いいね!」をすると、薬剤師が現場で活躍するために役立つ情報を受け取ることができます。ぜひ「いいね!」をよろしくお願いします。


お客様により安全にご利用いただけるように、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。

ページトップに戻る