【糖を排泄】SGLT2阻害薬の作用機序は?『スーグラ・フォシーガなど』

糖尿病は糖が尿中に出る病気でありますが、「尿中に糖が出る事が悪い」という常識を逆転させて開発されたのがSGLT2阻害剤です。

SGLTとは??
SGLT1とSGLT2の違いは?こちら↓↓↓
http://pharmacista.jp/contents/skillup/academic_info/endocrinology_metabolism/368/

では正常な方における、腎臓の近位尿細管を見てみましょう。

【SGLT2阻害】健康な方の近位尿細管


原尿中のグルコースの90%は、腎臓の近位尿細管のSGLT2にて血中に再吸収され、残りの10%が腎臓の近位尿細管のSGLT1にて血中に再吸収されます


健康な方は、SGLT1とSGLT2によってグルコースが血中に再吸収され尿中にほとんどグルコースが排出されません。

一方糖尿病患者では、近位尿細管でのグルコースの再吸収がキャパシティーオーバーしてしまう為、血中に再吸収しきれないグルコースが尿中に排出されてしまいます。

また、SGLTにて血中に再吸収された大量のグルコースによって血中の糖分が上昇するのです。

【SGLT2阻害】糖尿病の近位尿細管


では、SGLT2阻害剤はどのように作用するのか?見て行きたいと思います。


SGLT2阻害【スーグラ・フォシーガ】


糖尿病患者においてSGLT2が高く出現していると言われています。SGLT2を阻害する事で、尿中に糖を出し、血中へのグルコースの再吸収を減らす事で血糖値が下がるのです。


尿中へのグルコースの排泄が多くなる為、尿路感染症などには注意が必要になりそうです。

この記事を書いた人

シナジーファルマ株式会社・伊川勇樹(いかわゆうき)

伊川 勇樹(いかわ ゆうき)

シナジーファルマ株式会社 代表取締役社長
薬剤師 経営管理学修士(MBA)

京都薬科大学卒。大手調剤DSチェーンにて店長、エリアマネージャーを経験後、名古屋商科大学院経営管理学修士課程にて2年間経営学を学び、経営管理学修士号(MBA)を取得。2013年4月にシナジーファルマ株式会社を設立。
「IT×薬剤師」で薬剤師業界の活性化のために日々奮闘中!!

この投稿者の最近の記事

関連記事

シナジーファルマのFacebookページに「いいね!」をすると、リアルタイムの疑問に応える現役薬剤師発の学術情報や医療ニュースなどを受け取る事ができます。ぜひ、「いいね!」をよろしくお願いします。


お客様により安全にご利用いただけるように、求人応募の入力画面など個人情報を入力する画面では、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。