脂質異常症とは、血液中の脂質(血清脂質)に異常をきたしている状態のことをいいます。



脂質はご存知の通り”あぶら”ですので、水に溶けません(不溶性)。



そのため、血液中では表面がタンパク質(アポ蛋白)で覆われたリポ蛋白という形で運ばれます。









このリポ蛋白の代謝に障害が起こることで、高LDLコレステロール(LDL-C)血症や高トリグリセリド(TG)血症、低HDLコレステロール(HDL-C)血症といった状態を発症します。



脂質異常症は、動脈硬化の主要な危険因子であり、動脈硬化性疾患(狭心症、心筋梗塞、脳梗塞)の発症予防・進行抑制のためには、血清脂質を管理していくことが必要です。



管理するためには、検体測定室が設置されている薬局での血液検査や、病院を受診しての血液検査を行うことが重要です。

リポ蛋白の種類と働き

リポ蛋白の種類 リポ蛋白の働き
カイロミクロン 食べ物からとり入れたトリグリセライドを、肝臓や筋肉に運ぶ
超低比重リポ蛋白

VLDL
肝臓で合成されたトリグリセライドやコレステロールを脂肪組織や筋肉に運ぶ
IDL VLDLからLDLの中間過程で生成
低比重リポ蛋白

LDL
肝臓で合成されたコレステロールを全身の組織に運ぶ
高比重リポ蛋白

HDL
全身の組織から過剰なコレステロールを回収して肝臓に戻す

VLDL: very low-density lipoprotein
IDL: intermediate density lipoprotein
LDL: low-density lipoprotein
HDL: high-density lipoprotein

脂質異常症の診断基準

 

  • LDLコレステロール(LDL-C)
  • 総コレステロール(TC)
  • non-HDLコレステロール(non-HDL-C)
  • トリグリセライド(TG)

が高く、HDLコレステロール(HDL-C)が低いほど冠動脈疾患の発症率が高いことが疫学調査で示されています。



近年の生活習慣の欧米化に伴い、日本人のLDL-C、TCが上昇している事実もあるので、冠動脈疾患発症予防重視の観点から、診断基準値が設けられています。

コレステロール種類 診断名
LDLコレステロール  140mg/dl以上 高LDLコレステロール血症
120~139mg/dl  境界域高LDLコレステロール血症
HDLコレステロール 40mg/dl未満 低HDLコレステロール血症
トリグリセライド 150mg/dl以上 高トリグリセライド血症
Non-HDLコレステロール  170mg/dl以上 高non-HDLコレステロール血症
150~169mg/dl 境界域高non-HDLコレステロール血症

家族性高コレステロール血症(FH)と原因





家族性高コレステロール血症(FH:Familial Hypercholesterolemia)は遺伝性の疾患で、父親由来・母親由来のどちらかに異常がある場合の「ヘテロ接合体」、両方に異常がある場合の「ホモ接合体」に分類されます。

家族性高コレステロール血症「ヘテロ接合体」診断基準





15歳以上では1〜3の全て、15歳未満では1,3が確認される場合に家族性高コレステロール血症「ヘテロ接合体」と診断されます。

  1. 高LDLコレステロール血症

    未治療時のLDLコレステロールが≧180mg/dL(15歳以上)または≧140mg/dL(15歳未満)
  2. 腱黄色腫or皮膚結節性黄色腫が認められる
  3. 2親等以内の血族に家族性高コレステロール血症or早発性冠動脈疾患がいる





早発性冠動脈疾患の定義は男性は55歳未満、女性は65歳未満での発症。

家族性高コレステロール血症「ホモ接合体」診断基準





下記のすべてに該当する場合、家族性高コレステロール血症「ホモ接合体」と診断されます。

  1. 総コレステロール値が≧600mg/dL
  2. 黄色腫と動脈硬化性疾患が小児期から認められる
  3. 両親が家族性高コレステロール血症「ヘテロ接合体」

FHの主な原因は、LDL代謝に関わるLDL受容体PCSK9(Proprotein convertase subtilisin/kexin type 9 )といった遺伝子変異です。



またFH患者では、小児期から動脈硬化の進行を認めるため、早期診断と厳格な治療、家族スクリーニングを実施することが若年死の予防につながってきます。

投稿者プロフィール

古賀正人
古賀正人
摂南大学薬学部卒
6年制卒薬剤師 大阪府寝屋川市出身

2006年から薬学部は6年制へ。
4年制からの、ただの+2年とは言わせない。
6年制でも何も変わらないではなく、変えていくという信念を常に強く抱き行動に移す。
己が蓄えている知識を他人に伝える時、どうすれば簡潔に伝わり、理解してもらえるのかを考えられる、そんな相手を思いやる賢い人格者になりたい。
努力をしない天才よりも、他人の予想をはるかに上回る努力をする天才にも憧れている。
今は志だけがまだまだ高い新米薬剤師である。