【糖尿病治療薬】SGLT2阻害薬の一覧(スーグラ・フォシーガ等)

SGLT1、SGLT2の違い、存在部位は??
http://pharmacista.jp/contents/skillup/academic_info/endocrinology_metabolism/368/

SGLT2阻害薬の作用機序は??
http://pharmacista.jp/contents/skillup/academic_info/endocrinology_metabolism/388/

DPP4阻害薬に続く、大型糖尿病治療薬SGLT2阻害薬ですが、今回も大手製薬メーカーによる大激戦となりそうです。

2014年2月3日現在で承認がおりているのは、アステラス製薬のスーグラ錠(一般名イプラグリフロジン)となります。
合計6種類の上市が予定されています。


SGLT2阻害薬 一覧


「尿中にブドウ糖を捨てる」画期的なSGLT2阻害薬は低血糖リスクの低減、体重減少効果などが期待される薬剤でもあります。2014年には6製品が一気に発売されることが予想されており、メーカー間の競争が激化する1年となりそうです。

この記事を書いた人

シナジーファルマ株式会社・伊川勇樹(いかわゆうき)

伊川 勇樹(いかわ ゆうき)

シナジーファルマ株式会社 代表取締役社長
薬剤師 経営管理学修士(MBA)

京都薬科大学卒。大手調剤DSチェーンにて店長、エリアマネージャーを経験後、名古屋商科大学院経営管理学修士課程にて2年間経営学を学び、経営管理学修士号(MBA)を取得。2013年4月にシナジーファルマ株式会社を設立。
「IT×薬剤師」で薬剤師業界の活性化のために日々奮闘中!!

この投稿者の最近の記事

関連記事

シナジーファルマのFacebookページに「いいね!」をすると、リアルタイムの疑問に応える現役薬剤師発の学術情報や医療ニュースなどを受け取る事ができます。ぜひ、「いいね!」をよろしくお願いします。


お客様により安全にご利用いただけるように、求人応募の入力画面など個人情報を入力する画面では、SSLでの暗号化通信で秘匿性を高めています。